非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

6.5インチ画面のiPhoneが楽しみ

最初のiPhone

 

初代iPhoneからiPhone4Sまでは画面サイズは3.5インチでした。

画面の寸法は、

 

横50mm

縦70mm

 

でした。

ボクは初めて所有したiPhone 3GSも3.5インチでした。

 

いまボクが持っているiPhone Xは、5.8インチで、寸法は、

 

横62.5mm

縦135.1mm

 

です。

 

そして、今年発表されるとウワサされるのが、6.5インチiPhone。

画面の縦横比がiPhone Xと同じだと考えると、単純計算で、

 

6.5 ÷ 5.8 = 1.12

 

なので、

 

横70mm

縦151.3mm

 

ですね。

横は初代iPhoneから2cmしか大きくならないのに、縦は8cmも大きくなります。

縦方向は2倍以上に伸びるんです。同じiPhoneなのに。

 

つまり、最新最大のiPhoneは、初代から見れば、縦に、

 

ビヨヨヨ〜ン

 

と伸びる感じですね。

 

 

巨大なiPhone

 

 

iPhone Xはホームボタンが廃止され、本体のほぼ全部が画面なので、本体はそこまで大きくならないとは言え、やはり同じiPhoneなのに縦の長さが倍以上に伸びるのは衝撃ですね。

と言うわけで、3.5インチの画面と6.5インチの画面を比較してみました。

3.5インチと6.5インチ

 

 

どうですか。繰り返し書きますが、縦横比が異なるので、インチ数の差がそのまま面積の差になるわけではありません。

もし縦横比が同じならば、

 

(6.5インチ ÷ 3.5インチ)の2乗 = 3.45

 

が面積比になります。実に3.45倍のスマホ。

実際は、新型iPhoneはiPhone Xと同じく縦長(上記の図の通り)になりそうなので、そこまで面積は大きくなりません。

 

それでも、横の長さが7cmに到達するのはうれしいです。

iPhone史上最大の横幅です。

 

実は、iPhone Xは画面のインチ数は最大ですが、画面の横幅に関しては、Plusシリーズよりも狭くなったんですよね。

 

www.b-chan.jp

 

 

そのせいで、画面に表示される電子書籍の大きさも小さくなりました。

 

ボクのようなオッサンになると、それなりに視力も悪くなるので、小さなスマホは見にくいんですよね。

画面が巨大化すると、スティーブ・ジョブズが怒る!的な意見もあるでしょうが、ボクは単純に大きいiPhoneでたくさんの電子書籍を読みたいです。

 

そんなわけで、3つのサイズ(5.8インチ、6.1インチ、6.5インチ)の新型iPhoneが登場するとウワサされていますが、ボクの購入候補は6.5インチです。

 

購入レビューをする日が楽しみです。