非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone用MagSafe充電器の存在価値が未だにわからない。

MagSafe充電器

 

 

iPhone 12シリーズの登場と同時に発表された、MagSafe充電器。

 

 

 

iPhone 12の背面に磁石でくっつく充電器です。

発表以来、ずっと考え続けているんですが、ボクにはその存在価値がさっぱりわかりません。

 

 

やっかいなケーブルの存在

 

 

MagSafe充電器はいわゆる非接触型充電器です。

磁石でくっつくので非接触とは言いがたいですが、定義としては、端子に差し込むわけでは無いので、非接触型です。

磁石でくっつくと言うコトは、剥がすのもカンタンですね。

 

ボクが既存のiPhoneで使っているのは、非接触型のスタンドタイプの充電器です。

 

 

 

これはスタンドタイプなので、iPhoneを置くだけで充電できます。

充電するには非常にラクなんですが、手元でiPhoneを使いたい場合、充電ができないので、ボクにとっては大して役に立たないんですよね。

結局、大部分の時間、長いLightningケーブルをiPhoneに差し込んで、充電しながら手元で使っている日々です。

 

MagSafe充電器って、非接触ですが、磁石でくっつくので、そのままiPhoneを手元で操作できます。

しかし、それってケーブルがつながった状態ですよね。

であれば、最初からLightning端子にケーブルを差し込んで使うのと大して変わらないと思うんですよ。

しかも、MagSafe充電器は非接触充電なので、Lightning端子よりも、充電速度が遅いのです。

どちらもケーブルに縛られるのに、MagSafe充電器だと充電が遅い。

 

意味あります?

 

さらに言えば、Appleの純正のケーブルって昔から耐久性が低いんですよ。

しかも高額。

ボクも日常的にApple純正のLightningケーブルを使うコトはありません。

サードパーティー製の安くて耐久性の高いケーブルを使っています。

 

もし、AppleのMagSafe充電器を使えば、当然、あの耐久性の低いケーブルを使うコトになります。

今後、サードパーティー製の耐久性の高いMagSafe充電器が登場すれば話は別ですが、現時点で、MagSafe充電器を使うメリットが全く思い付かないのです。

 

背面に磁石でくっつけるのはラクだけれど、Lightning端子に差し込むのは面倒くさい。

そうですか?

 

と言うわけで、AppleのMagSafe充電器を買おうと考えているみなさん。

ホントにその選択で良いですか?