非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Lightning廃止を

Lightning

 

 

2007年にiPhoneが登場したときは、iPhoneの底部の端子は30ピンポートでした。

懐かしのこれ。

 

 

 

 

 

あまりにも大きなコネクタなので、デバイスの小型化が難しく、その後、現在も使われているLightningが登場しました。

 

いま、世界中の有名なスマートフォンは概ね、データ転送や充電に、USB-C端子を使います。

 

 

 

 

唯一、iPhoneとiPod、iPadの一部だけがLightningを使うのです。

 

 

MacでもLightning

 

 

iPadに関しては、iPad ProだけがUSB-Cに移行していますが、それ以外のシリーズはLightningのまま。

iPhoneもすべてLightningのまま。iPodもLightning。

一方、パソコンの世界では、2012年にMacBookがUSB-Cを1個だけと言う衝撃の仕様で登場しました。

当時はUSB-Cは一般的では無かったので賛否がありましたが、その後、世界中でUSB-Cが普及したので、MacBookは先進的であったと言えるでしょう。

これはかつて、初代iMacが登場したときに、古い端子を軒並み捨て去って、当時まだ珍しかったUSBを搭載したときと似ています。

Appleがいち早く採用して、その後、世界に普及する事例は意外と多いんですよね。

GUIを搭載したパソコン、ダウンロード型音楽プレーヤー、スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、左右独立イヤフォンなどは、Appleがきっかけで世界に普及しています。

Appleが市場を生み出し、その後、他社に市場を奪われる。

パソコンとスマホで見てきた世界です。

 

そんなパソコンとスマホの世界ですが、両方でメジャーな機種を持っているのはAppleだけ。

マイクロソフトはスマホに弱く、Googleはパソコンに弱いです。

双方に強みを持つAppleなのに、いつまでもLightningにこだわるのが、ボクはウィークポイントだと思っています。

 

さっき書いたように、iPadに関しては、シリーズ内でUSB-CとLightningが混在。

実にちぐはぐ。

iPhoneとiPodはLightning。

MacはUSBなんですが、実は落とし穴。

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2は、何と、Lightningなんです。

 

 

 

 

 

 

なので、Macユーザーがこれらを使うには、iPhoneを持っていなくても、Lightningケーブルが必要です。

これらは充電式なので、充電が必要だからです。

じつにちぐはぐですよね。MacなのにキーボードとトラックパッドのためにLightningが必要。

Lightningのライセンス収入が重要なのは理解できますが、Lightningの仕様自体にUSB-Cと比較して優位性はほとんどありません。

現に、iPad ProにはUSB-Cが使われているわけですから。

 

来年こそは、Lightningの全廃を望みます。

 

ボクの自宅のiMacのキーボードとトラックパッド。Lightning端子です。 

Lightning端子