非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

年金2000万円不足に関するTwitter上のちぐはぐ

年金は2000万円足りないのか

 

 

金融庁の報告書で、老後の生活費は年金だけでは足りず不足額は2000万円、と明らかにされ、大炎上しました。

 

炎上するのはもちろんTwitter。

不特定多数に自由に拡散できる唯一のSNSと言って良いのがTwitterだからですね。

日本でのユーザー数はLINEに次ぐ4500万人。

国民の3人に1人が利用している計算です。

 

さて、Twitterを見ていると、面白いというかクビをひねると言うか、そんな議論になっています。

 

 

政府擁護

 

 

今の与党は自民党(と公明党)です。

当然のように、Twitterユーザーにも、自民党支持者と反自民党の人たちがいて、それぞれに意見をぶつけ合っています。

 

普通に考えれば、自民党支持者は自民党の見解を支持します。反自民党の人たちは自民党の見解を非難します。

 

ところが今回の年金不足問題に関しては、違う様相を見せています。

 

まず、金融庁の報告書は、

 

年金は不足する!

 

と言う内容でした。

これが政府にとっては、マズい内容だったんですね。

 

そこで自民党支持者の人たちは、自民党を守るために、金融庁の報告を擁護します。

つまり、

 

年金が不足するなんて前からわかっていたコトだ。自助努力するのは当然だ。

 

と言うわけです。

一方、反自民党の人たちは、金融庁の報告を非難します。

つまり、

 

長年、年金保険料を納めているのに、不足するなんて詐欺だ。

 

と言うわけです。

こうやって、自民党支持者と反自民等の人たちがバトルをします。

 

ここまでは、いつもの光景。

 

ところが、ここで、自民党が態度を表明します。その態度とは、

 

金融庁の報告は間違っている。

 

と言うモノです。

 

ん?

ここで話がおかしくなりました。

上記の通り、自民党支持者の人たちは、金融庁の報告を擁護するコトで政府の肩を持とうとしました。

ところが、肝心の自民党が金融庁の報告を否定してしまったのです。

その結果、

 

  • 自民党支持者 = 金融庁の報告を擁護
  • 自民党 = 金融庁の報告を否定

 

となってしまったんです。

自民党支持者と自民党の意見が食い違ってしまったんですね。

 

これは、自民党の戦略ミスでは?

 

つまり、金融庁の報告を否定すると言うコトは、年金は不足しない、と言うコトになり、年金は不足するから自助努力せよ、と言ってくれた自民党支持者の立場を崩してしまったミスです。

 

また、金融庁の報告を否定すると言うコトは、年金は不足しないコトを示す必要があります。

それ、苦しく無いですか?

実際、多くの国民は、年金だけでは足りないコトに気付いています。

その中で、年金が足りないと言う報告を否定してしまっては、ウソでつじつま合わせをする必要があります。

 

自民党の幹部は言ってるんですよ。

選挙対策だ、と。

つまり、年金だけでは生活できない、なんて知られてしまうと選挙が戦えないんですね。

でも、それって、本質を外してませんか?

選挙で勝つために話を作るのは本末転倒ですし。

 

ここは、自民党は、発言を撤回した方が良いと思います。

つまり、自民党支持者に寄り添ってあげるのです。

正直に、年金は足りない、と表明するのです。

 

今のままでは、自民党の意見は自民党支持者の意見と食い違ってしまってますし、反自民党の人たちからも非難されています。両者とも寄り添っていません。

 

いま、そんなコトが巻き起こっていて、ちょっと面白いな、と。

政党の発言が結果として政党支持者の発言と食い違う状態。

 

そんなわけで、参院選までにどう修正していくのか。

引き続き目が離せません。