非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

クレジットカード会社から電話が

キャッシング枠の増額

 

 

iPhoneに、

 

06-7709-8201

 

から電話がかかって来ました。画面には、大阪、と表示されています。

ですね、市外局番が、06なので。

見知らぬ番号です。

 

電話に出てみました。

 

セゾンカードからでした。 

 

ボクは、話のネタにするために、クレジットカードをたくさん持っています。

多くは、iPhoneのApple Payに登録済みです。

クレジットカード

 

 

たくさん持っていると、たまに、セールスの電話がかかって来ます。

セールスと言うだけで無下に断るコトはありません。

内容によっては良いモノもあるかもしれないからです。

 

今回の電話は、クレジットカードのキャッシング枠の増額のオススメでした。

 

 

生年月日

 

 

ボクのこれまでの利用状況から見て、キャッシング枠の増額が可能だそうです。

増額はいかがですか、と訊ねられたので、ボクは、そもそも現在は枠は何円でしたっけ?

と訊ね返しました。

すると、内容を確認するので、本人確認のため、ボクの生年月日を教えて欲しいと言われました。

 

みなさんならどうしますか?

 

ボクは次のように言いました。

 

「見知らぬ番号からかかった電話に対して、ボクが生年月日を教えるはずが無いでしょう。」

 

ここまでの流れからして、セゾンカードから電話があって、カードの増枠の案内で、本人確認のために電話番号を教える。

多くの人は、そのまま教えてしまうのでは無いでしょうか?

 

でも、良く考えてみてください。

本人確認をしなきゃならないのは、電話をかけた側では無く、受けた側ですよね。

 

本物のセゾンカードからの電話かどうかもわからないのに、ボクの生年月日を教えてしまうのは、明らかにおかしいです。

 

それを伝えると、相手は、

 

では、ご利用の際はセゾンカードの裏面に記載されている電話番号にご連絡ください。

 

と言って切りました。

まあたぶん、本物のセゾンカードからの電話だったんでしょうけど、本物と確認できるまでは、こちらから与えてはいけません。

 

これ、非常に多い振り込め詐欺にも適用できますよね。

向こうからかかって来た場合は、まずは本物かどうかを疑う。

必要なら、必ずこちらから折り返して電話するコト。

その場合の電話番号も、相手から聞いてはいけません。

偽の番号かも知れませんからね。

自分で調べる必要があります。

 

先日の記事も参考に、犯罪に引っかからない習慣を身に付けてください。

 

www.b-chan.jp

 

 

www.b-chan.jp