非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Macは高くてWindowsは安いの逆

世の中の9割はWindowsパソコン

 

 

世の中にパソコンを知らしめたのはスティーブ・ジョブズが率いるAppleで、現在のようなマウスとグラフィカルユーザーインターフェースで操作するパソコンの元祖がMacです。

マイクロソフトのExcelも、最初はMac版から登場しました。

 

その先見性は素晴らしかったんですが、その後、マイクロソフトはWindowsを育て上げ、現在では、世界のパソコンの台数シェアにおいて、Windowsパソコンは9割です。

大半はWindowsパソコンで、残りの数パーセントをMacやLinuxが占めています。

 

長年にわたってWindowsとMacは争ってきました。

台数シェアではずっとWindowsに軍配。

それでも、Macのファンは一定数が存在して、ユーザー側でも、Windows支持派とMac支持派とに分かれるコトに。

単純な好みのはずなんですが、お互いがののしり合うくらいに言い争いが行われています。

 

焼き肉が好きか、寿司が好きか、その程度の議論のはずなんですが。

 

 

価格論争

 

 

WindowsパソコンにはWindowsパソコンのメリットとデメリットがあります。

MacにはMacのメリットとデメリットがあります。

 

ボクは勤務先では支給されているWindowsパソコンを使っていますが、プライベートではMacを使っていますし、Windowsパソコンも何台も所有したコトもあります。

プライベートでMacを使っているのは、単にボクがWindowsパソコンとMacの両方を使ってきて、Macの方がメリットが大きいと判断したからです。

全面的にMacがWindowsパソコンより優れているわけではありません。

この視点が抜け落ちがちなんですよね。

 

Windowsパソコンのメリットとして、よく言われるのが、コストパフォーマンスです。

Macは高価格で、Windowsパソコンは同じ性能でずっと安く買えると言うコトです。

 

だから、Windowsパソコンを選ぶ、と。

 

これ、多くの人にとって、実に合理的な考え方です。

実際、MacよりもWindowsパソコンの方が多く売れる理由のひとつが、価格の安さでしょう。

 

でも、それって、製品の良し悪しとは無関係ですよね。

 

例えば、ホントはMacが欲しいけど、高額なので、Windowsパソコンを選んでいる人も中にはいるでしょう。

逆に、価格が安いからと言う理由でWindowsパソコンよりもMacを選んでいる人は、あまりいないと思います。

 

では、大金持ちで、予算に制約が無いとしたらどうでしょうか。

目の前に、同じ性能の20万円のMacと10万円のWindowsパソコンがあるとしたら。

それを1兆円の資産家が選ぶとしたら。

こうなると、価格は除外して、単純にパソコンの魅力で選ぶコトになります。

その場合でも、9割の人がWindowsパソコンを選ぶでしょうか。

たぶん、そうならないんですよね。

もっとMacの比率が上がるはずです。

 

何を言いたいかと言うと、コストパフォーマンスでパソコンの優劣を語ると言うコトは、それは単純にパソコンの品質の優劣を表していないですよね、と言うコトです。

 

Windowsパソコンの方が安いと言うコトは、逆に言えば、Macの方が高価である、と言うコトです。

なぜ高価かと言えば、素材や加工にコストがかかっているからです。

実は、MacはWindowsパソコンよりもずっと台数が少ないですが、Windowsパソコンは様々なメーカーが作っています。

単一のメーカーの単一の機種と言う観点で言えば、Macはかなり多くの台数が作られています。

つまり、他のメーカーよりも大量生産されているわけです。

Windowsパソコンは様々なメーカーの合算なので、個々のメーカーで見れば、単一機種の大量生産はできないわけですよね。

Macの方がスケールメリットがあります。

にも関わらず、Macの方が高価。

それだけ、素材、加工にカネがかかっているわけです。

 

ポルシェカイエンとホンダN-BOX。

どちらも良い車ですが、品質で言えば、カイエンの方がずっと高いです。

その分、価格も高価です。

なので、台数で言えば、N-BOXが圧勝です。

コストパフォーマンスに優れていますから。

カイエンが欲しいけど、高くて買えないので、N-BOX。

 

Macは高価だ、と言うのは、ポルシェカイエンのような立ち位置にいるのでは無いかと。

 

たぶん、荷物を詰め込んだり、近所へ気軽にドライブするのなら、N-BOXの方が優れているんですよね。

でも、カイエンも一定数のユーザーがいます。それは予算の制約が少ない人、つまりおカネを持っている人です。

おカネを持っているので、カイエンもN-BOXもどっちも買えるんですが、カイエンを選ぶ人です。

それはカイエンの方が優れていると判断したからですね。

同じく、MacとWindowsパソコンとで、Macを買う人が一定数いるのは、MacもWindowsパソコンも買えるけど、Macが優れていると判断したから。

 

Windowsパソコンに比べてMacが高い、と言うのは、逆に言えば、高価な分、優れているとも言える一面がある、と言う話。

 

ユニクロの服がたくさん売れるのも、価格の面で有利、と言うコトで、品質で言えば、ユニクロより優れている服が他にたくさんある、と言う話ですね。

他の高価な服が欲しいけど、予算に制約があるので、ユニクロを選ぶ。

だから、ユニクロのシェアが高い。

 

少なくとも、コストパフォーマンスが高いと言うWindowsパソコンの特長は、製品の良し悪しとは関係が無いか、もしくは、製品の良し悪しで言えば劣っていると言えてしまいます。

 

と言う考え方を書いてみたかったのです。

たくさん売れるコトと、たくさんの人が欲しがるコトとは別だな、と。