非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ファーウェイのスマホ台数シェア激減

1週間

 

 

米中の貿易戦争で制裁を受けた中国企業ファーウェイ。

わずか1週間で、ファーウェイのスマートフォンの販売台数シェアが大きく落ち込んだようです。

 

www.bcnretail.com

 

 

Googleがアプリケーションの提供を停止すると、Googleのサービスに依存するAndroidスマートフォンとしては致命傷に近いです。

世の中のスマートフォンはAppleのiPhone以外はほぼすべてAndroid。

ユーザーの選択肢としては、iPhoneかAndroidかになります。

 

幸いにも、Androidスマートフォンメーカーはファーウェイ以外にもたくさん存在し、ファーウェイが使えなくなっても、乗り換えれば済みます。

 

 

シェアの変化

 

 

そう書いてみましたが、上記の記事で、販売台数のシェアの変化を見てみましょう。

 

ファーウェイは約15%から5%へ。10%ほど低下しています。

では、その分を獲得したのはどのメーカーか。

それは、サムスンがおよそ1%、そして、Appleが9%です。

 

ソニー、シャープ、ASUSはシェアを下げています。

結局、Appleがファーウェイのシェアを獲ってしまった形ですね。

 

AndroidからAndroidへのシェアの移転では無く、AndroidからiPhoneへの移転。

これがちょっと面白いな、と。

ファーウェイは中国メーカーであり、日本と中国も何かと摩擦の多い関係です。

そんな中で、ファーウェイの減少分が、ソニーやシャープに還元されなかったのは興味深いです。

 

日本のスマホでは無く、アメリカのスマホへ。

とりあえず第1弾としては、トランプ大統領の思惑通りってトコロでしょうか。