読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

この世の将来はすでに決まっている!

つぶやき 書籍

物理学の法則によって動く

 

宇宙

 

みなさん、こんにちは!

今回は少し切ないお話かも。

 

この世の中の物質はすべて、物理法則に従って動きます。

あなたが消しゴムを指で向こうに押せば、消しゴムは向こうに移動します。

これはあなたの指と消しゴムとの間に力学的なチカラが働いたからです。

これは自然界のすべての物質、もちろん生物であろうが人間であろうが金属であろうが、すべて当てはまります。

人間はこの自然の法則には逆らえません。

人類の歴史の中で飛行機で空を飛べるようになったのも、別に重力という自然界の物理法則が変化したからではなく、人間がそれを利用する技術が向上したからです。

道路で自動車の渋滞が発生するのも、先頭車両の影響が少しずつ後続車に伝わるという物理現象です。

人間の体内を血液が巡るのも、ポンプ役の心臓が血液を押し出し、押し出された血液が血管という管の壁に阻まれることによって外部に漏れること無く所定の経路を巡って、再び心臓に戻ってきます。

そこには圧力や摩擦力などの物理法則が働いています。

まさに自然の法則です。

自然界の物質は、分子というものすごく細かい粒子の組み合わせでできています。

風が吹くのは、空気中の酸素や二酸化炭素や窒素などのさまざまざ分子がぶつかり合うからです。

もちろんぶつかり合ってでたらめに動いているのでは無く、一つ一つがきちんと物理法則に従って動いています。

人間が消しゴムを指で押すと消しゴムが向こうへ移動するのと同じで、酸素分子も他の分子から向こうへ押されると向こうへ移動するわけですね。

世の中すべての物質がランダムに動いているのではなく、一つ一つ、動く原因となるチカラが発生しており、そのチカラもまた、その元となるチカラが原因です。

東京を出た新幹線が2時間後に名古屋に到着することがあらかじめわかるのは、東京都名古屋の間の距離を平均時速何キロメートルで走っているかがわかるからです。

物理法則どおりに動くので予測ができるのです。

東京から時速200キロメートルで西に進んだ場合、1時間後に仙台に着くことはありません。

物理法則どおりに動くのです。

 

未来は過去の結果

 

宇宙

 

では!

そう考えると、現在のあなたやボクや、現在の地球の姿もまた、過去からの物理法則の結果だと考えられます。

過去が脈々とつながって現在に至ったわけですから、太平洋戦争も、江戸幕府も、聖徳太子も、ネアンデルタール人の行動も、隕石の落下も、チリの大津波も、すべて今のあなたやボクに影響していますし、それらもまた過去から影響されています。

 

そして、さらに言えば!

 

人間の脳の動きもまた、物理法則によって動いています。

脳内の血液や神経細胞の動きもすべて物理法則によって動いています。

脳に異常をきたすこともありますが、それもまた、何らかの物理法則の原因があります。

つまり、人間が何かを考えるとか、何か行動しようと思うこと自体が、何らかの物理法則の結果なのです。

消しゴムを向こうに押したらこっちに来ることは無いのと同じで、脳の神経内でもきちんと自然界の法則に従って細胞が活動しています。

何のチカラも加えられない消しゴムがいきなり移動することが無いのと同様で、あなたが右を向こうと思ったのなら、それは偶然ではなく、本人はもちろん気づきませんが、脳内の神経細胞が何らかの物理的影響を受けたからなんですね。

てことは10年後の人間の行動は、すでに現在、もっと言えば、生まれた時点で、もっと言えば、その100年前から、そして、究極的には宇宙が誕生した時点で決まっているわけです。

確かにそう言われると、論理矛盾はありません。

地震が発生するのもこれまでの地質の動きなどの積み重ねの結果です。

あなたが1年後にどこに行くかもすでに決まっているわけです。

ただし現在の人間の技術では、宇宙のすべての物質の動きを瞬時に計算することはできないので、将来の事は予測はできません。

 

そう言った、よく考えれば、確かにと思わせられる話が満載の本がこちらです。

宇宙には膨大な数の星があるんだから、確率的に言って地球外生命は必ず存在するよ、と言われがちですが、あくまでも確率論であって、確定では無いです。

この本では逆に、地球以外に生命がいると考えると論理的に矛盾する、という説明をしてくれます。

それはそれでロマンが無くて切ないですが、この論理性は一読の価値ありです。

宇宙に関するいわゆる自然科学本としてではなく、思考力を柔らかくしてくれる本として、しかも簡単に読めて、めちゃくちゃ面白いのでオススメしておきます。

 

関連記事

学校の勉強なんていらないって事は無い話

1万円の食パンはぼったくり?(経済学の簡単なお話)

自動車のお話…前輪駆動(FF)と後輪駆動(FR) その1