読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ダイエットが長続きしやすい食事の選択

ダイエットを思い出す

食事

 

 

かつて、1年間で17kgものダイエットに成功したことがあるB-CHANです。

 

www.b-chan.jp

 

 

その後、数年が経過しました。

ダイエットにはモチベーションが必要で、やる気があれば続きますし、やる気が無ければリバウンドします。

そもそも、ダイエット後の体重が適正体重であれば、あとは普通に生活すれば、そんなに太るはずは無いんですよね。

しかし、太ってしまう人は多いです。

実はボクも、今はリバウンドしてしまっていて、それは当然ながら、普通のレベルの食事を超えて生活していたからです。

そんなにドカ食いするタイプでは無いんですが、いわゆる腹八分目に抑えることを意識していなかったんですね。

転職によるストレスもあり、どうしても食事に逃げることも多かったですし。

 

とは言え、かつては大幅なダイエットに成功したボクなので、やり方さえ間違えなければ、またダイエットはできるはずなんですね。

あとは、やるかやらないか。

 

ダイエットの基本

 

世の中にはダイエットに関する本や記事が無数に出回っています。

中には商品を売るために仕掛けられた怪しい論もあります。

 

人間の身体の基本を考えれば、やるべきことはシンプルなんですよね。

 

人間の身体は単なる物質です。

130グラムを摂取して100グラムを消費すれば、体重は30グラム増えます。

これは自然界の法則です。

 

この摂取量や消費量を、一般的にはエネルギーに換算してカロリー表示します。

 

摂取カロリーを少なくして消費カロリーを多くすればダイエットできるわけです。

ダイエットの大部分は食生活で決まります。

 

しかし、それは誰もが知っていること。

問題は、その負荷の大きさです。

 

例えば、同じように24時間を過ごしても、多くのカロリーを消費する人もいれば、あまりカロリーを消費しない人もいます。

 

なぜでしょうか。

それは体質です。

 

しかし、体質で片付けてしまえば、努力する意味も無くなります。

 

そこで、これも覚えておいてください。

 

筋肉は多くのカロリーを消費する。

 

ダイエットに運動は有効だと言われます。

これは運動することで直接やせると言うことではありません。

標準的な体重の人なら、5km程度走っても300キロカロリーしか消費しません。普通に食事してしまえば、その倍くらいは摂取してしまいます。

食事のたびに5kmも走るのは不可能ですよね。

では、なぜジョギングは良いのか。

なぜ筋トレは良いのか。

その答えが筋肉によるカロリー消費です。

 

同じように24時間を過ごしても、筋肉が多い人は多くのカロリーを消費します。

つまり、運動することで身体を筋肉質にしておけば、同じ量の食べ物を食べても太りにくくなるんですね。

 

あと、筋肉は脂肪と比べると圧倒的に体積が少ないのも特徴です。

 

10kgの筋肉と10kgの脂肪。

 

どちらも手に持つと同じ重さです。

でも、筋肉は体積が小さく脂肪は巨大です。

 

ダイエットする人の目的は、もちろん第一に健康管理ですが、実は見た目の問題であることも多いですよね。

つまり、外観をやせたい。

 

体重80kgで筋肉質な人と体重80kgで脂肪ばかりの人。

どちらも同じ体重なのに、前者は引き締まった外観で、後者は太った外観。

 

ダイエットの目的は、後者から前者になりたいわけです。

 

体重を減らすことだけをダイエットの目的にしてしまうと、非常に遠回りになります。

そうではなく、外観をやせること。

そう考えれば、体重だけをやみくもに落とす必要は無くなります。

同じ体重でも脂肪が減って筋肉が増えれば、それだけで見た目はやせるんですから。

 

だからこそ、食事と運動の両面が重要なんですね。

 

一夜漬けは無理

 

勉強でもスポーツでも一夜漬けで上達しないようにダイエットも積み重ねが必要です。

ダイエットに失敗する人の大半は長続きしないからです。

長続きしない理由はカンタンで、負荷が大きすぎるからです。

毎日欠かさず5km走れと言われても大半の人は無理ですよね。

だから、とにかく、日々の負荷は小さくても長続きするメニューを用意する必要があります。

 

例えば、1日に数分間だけの運動なら負荷は比較的に少ないでしょう。

 

www.b-chan.jp

 

300分間(5時間)の運動を1日だけやるよりも、3分間の運動を100日間続ける方がずっと効果が大きいです。どちらも300分間ですが。

 

もし上記の7分間エクササイズですらツラいなら、当面は20回のスクアットだけを続けてみてください。

なぜなら、人間の身体の中で一番筋肉が大きいのは下半身、特に足だからです。

だから足だけでも筋肉質にしておけば、身体に対する影響は大きいのです。

 

がんばってツラいことを始めるよりも、がんばらずに軽く続けられること。

それが長続きするコツです。

 

長続きする食事

 

食事も同じ。

ボクは1日に3食をきっちり食べる必要は無いと思っています。

朝食と昼食は普通に食べ(ただし野菜とタンパク質を中心)、夕食は食べないかダイエット食にすべきだと思っています。

食べないのはキツいので、ダイエット食を選べば良いでしょう。

 

ボクもいくつか試しましたが、結論としては、DHCのプロティンダイエットぷるぷるムースですね。

DHCのプロテインダイエットドリンクも続けてみたんですが、正直言っておいしくないので、続けられません。

でも、このぷるぷるムースだと、ボクのようなデザート好きにはピッタリです。

味と食感はごく普通のムースです。

おいしいです。

いわゆる食事では無くデザートなので、食事が欲しい人には物足りないと思いますが、とりあえず空腹をおいしく埋めたい甘党の人なら、間違いなくオススメ。

朝食と昼食をちゃんと摂って、夕食だけ、このぷるぷるムース。 

それでも、ダイエットは最終的には本人の意思。

やる気が無ければ続きません。

みんなにやる気があるなら、そもそもこんな商品を紹介する必要すら無いわけです。

食べなければいいんですから。

 

あくまでも、やる気に自信が無い、でも、長続きしやすい食品を探している人、そんな人は試してみてください。

 

あ、甘いのが苦手な人には向いてませんよ。デザートですから。