読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのSafariで閉じてしまったページを再び開く方法

iPhone

Safariで閉じたページを再び開く 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

iPhoneのSafariで、いろんなページを見ているとページが増えてくるので、テキトーに閉じて行きますよね。

閉じてしまったページを再び開きたくなることってありませんか?

実はできるんです。

そのやり方を説明しますね。

 

まず、いま見ているページの一番下をタップします。 

画面の下部をタップ

 

 

これで、画面の一番下に各種ボタンが表示されます。これはiPhoneユーザーにはおなじみですよね。

この中の右端のボタンをタップします。

右のボタン

 

 

すると、現在開いているページがズラリと並んで表示されます。

ここで、閉じたいページを左方向にフリックすると閉じられる、というのは以前に説明しました。

 


iOS7のSafariは左フリックでページを閉じられる - 非天マザー by B-CHAN

 

 

今回は、すでに閉じてしまったページを再び開くわけです。画面の一番下の中央に「+」ボタンがありますよね。これをタップしてしまうと新しいページを開くんですが、ここではタップではなく、長押しします。

プラスボタンを長押し

 

 

すると、閉じたページの一覧が表示されるんです。再び開きたいページをタップしてみましょう。

履歴一覧

 

 

はい、ちゃんと再び表示されました。

再度表示

 

 

これまでにも何度か書いて来ましたが、iPhoneにはこのように、長押しすると普段と異なる動作をするボタンがたくさんあります。

とりあえず、片っ端から長押しして、見知らぬ機能を発見するのも楽しいですよ。

 

関連記事

AirDropの進化でiPhoneからのファイル送信が激しく便利に! - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneの6つの超重要設定。紛失に備えてこれだけは絶対に! - 非天マザー by B-CHAN

ATOK for iOSに不満がある人は通常変換モードを知らないのでは? - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneの読み上げ機能は2本指で簡単に呼び出せる - 非天マザー by B-CHAN

iPhone用Yahoo!乗換案内アプリが劇的に便利にアップデート - 非天マザー by B-CHAN