非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ニーチェの永劫回帰にうなずいた

ニーチェ

 

 

宗教と哲学に興味を持たない人は多いと思います。

ボクも無信仰です。

哲学は難しいです。

でも、そんな難しい哲学の中で、ボクがとても興味を覚える人物がいて、それが、

 

ニーチェ

 

と言う哲学者です。

まあ、誰でも名前くらいは知っているでしょう。

 

ニーチェの特長は色々あるんですが、面白いのは、

 

宗教なんて嘘っぱちだ!

 

と言ったコトですね。

人類の歴史が浅い時代には科学は発展していなかったので、例えば、火山の噴火や雷などを見て、神の怒りなどと思ったわけです。

でも時代が進んで科学も進歩すると、火山も雷も、神の怒りでは無い自然現象であるコトがわかっちゃったわけです。

つまり、神様の存在の怪しさが、時代とともにだんだんとバレちゃってるわけです。

そこをニーチェは指摘しているんですね。

面白い。

 

 

永劫回帰

 

 

10個のサイコロを同時に振るとします。

すべてのサイコロが1の目を出す確率は、6分の1の10乗です。

6千万分の1くらいですね。

つまり、普通にやっていれば、まず一生かかっても起こらない現象です。

でも、時間が無限にあれば、数千万回やっているうちに、1回は、その現象が起こります。

いつかは起こります。

さらに、続けて、数千万回、数億回と繰り返すと、また同じ現象が起こります。

つまり、時間が無限にあれば、同じ現象がやって来るんですね。

 

この全宇宙のすべての物質は原子でできていて、それぞれ、物理法則にしたがって動いています。

サイコロが転がるのと同じです。

全宇宙に原子が何個あるのかはわかりませんが、時間が無限にあれば、いまこの瞬間とまったく同じ状態が、いつかは起こります。

それこそ天文学的に少ない確率ですが、時間が無限であれば、いつかは起こるわけです。

 

つまり、宇宙はビッグバンから始まって拡大していると言われますが、やがて拡大の勢いは弱まり、今度は収縮に向かい、最後にはビッグバンに戻る。

再びビッグバンからスタート。

それを何兆回、何京回、いやそれ以上、とにかく無限に繰り返していけば、いつか、いまこの瞬間と同じ状態が起こります。

それが何を意味するか。

つまり、ボクたちは一度死にますが、とんでもなく遠い未来に、まったく同じ自分がまったく同じ地球でまったく同じ人生を歩む、と言うコトです。

これは宗教の輪廻転生とは何の関係も無く、きちんとしたロジックですよね。

時間が無限なら、物質がたまたま再び同じ状態になるコトは当然にある。

そのロジックです。

サイコロの目が10個同時に1になるのと同じです。

 

もしかしたら、いまのボクたちも初めての状態では無いのかも知れません。

何千兆年も前にまったく同じ状態だった可能性があるわけです。

と言うか、無いとおかしいわけです。

 

これが永劫回帰。

 

ニーチェは実存哲学と呼ばれる哲学の代表的な人物ですが、哲学とは宗教的に考えるのでは無く、科学的に考えます。

だからそこにはロジックがあります。

 

ボクが無信仰かつ哲学に惹かれる理由もそこにあります。

ただし、哲学にも、本質哲学と実存哲学があり、それぞれ考え方が異なるので、そのあたりの話はいずれ。

 

何が言いたかったか。

ニーチェの本を読めば、この世知辛い世の中を生きやすくなります。

それは宗教のような救いと言う意味では無く、きちんとロジカルに。

世の中のおかしさを指摘してくれます。

そもそもボクは神様の存在を信じていない無信仰ですが、ニーチェの説明には感銘を受けました。

 

ブラック企業や不況など、様々な悩みを持つ人は、かじってみてください。