非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

甘口のカレー

カレーは辛い

 

 

いつもと全然違う話題です。

なにげに思い出したので、書いておきます。

ボクが、優秀なトークだと思ったので。

 

20年くらい前ですかねえ。

とあるテレビ番組で、ダウンタウンがトークをしていました。

松本人志(まっちゃん)が、甘口のカレーを非難していたんです。

そもそも、カレーとは辛いモノだから、甘口のカレーと言う存在自体が許せない、と。

カレー自体が辛いと言う概念を含んでいる、と。

 

すごく辛いカレーだとキツいので、辛さを少し抑えたカレーにしてください、と言うのなら理解できる。

でも、甘いカレーと言うのは、その範囲を超えている、と。

 

例えば、部屋に入って、クーラーが効きすぎて寒かったとします。

そこで、クーラーの効きを少し抑えて欲しい、と言うのならわかる。

でも、クーラーが効きすぎているからと言って、なぜ、暖房にするねん!

甘口のカレーとは、そう言うコトです。

 

例えば、自動車でスピードを出しすぎているから、少しスピードを落として、と言うのならわかる。

でも、スピードを出しすぎているから、バックしてくださいはおかしいやろ!

と言うコトです。

 

ボクは、この例え方は上手いなあ、と思いましたよ。

 

 

甘くて刺激的

 

 

それでも、甘口のカレーと言うモノを作りたいのなら、それはもう別の食べ物としてくれ、と、まっちゃんは提案していました。

 

例えば、

 

フリンフォン

 

と言う名前にしてくれ。カレーとは無関係の食べ物として。

 

カツフリンフォン

ビーフフリンフォン

 

と。

 

トークの最後では、辞書で、カレーの意味を調べていました。

カレーの定義として、

 

刺激性の香辛料

 

と言う意味のコトが書かれていました。

 

まっちゃんも、

 

ほら!ちゃんと「刺激性」と書いてある!やっぱりカレーは辛くないとダメ!

 

と言いました。

そして、まっちゃんが最後に言ったひと言。

 

甘くて刺激があるのは恋愛だけ!

 

うん、やはり、上手いですね。ベタですが、バカ受けでした。

そんなわけで、昔の記憶が出てきたので、書き綴ってみました。