非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Macが対応したので、初めて、e-Taxで確定申告してみた

毎年の確定申告

 

 

ボクはサラリーマンですが、それ以外にも、このブログの収益など、様々な収益があるので、毎年、確定申告しています。

電子申告書が、従来は、WindowsパソコンとMicrosoftのInternet Explorer専用だったので、Macユーザーのボクは、いつも税務署に出向いて申告していました。

まあ、とにかく混むんですよね。

 

でも、今年の3月1日から、e-TaxがMacのSafariにも対応したので、初めて、電子申告してみました。

 

www.e-tax.nta.go.jp

 

 

そもそも、Microsoft社が、Internet Explorerはもう使わないように告知しているくらいですしね。

 

 

具体的な感想

 

 

このブログの過去の記事を検索してもらえばわかりますが、サラリーマンの人が会社に知られないように、他の収入を得たなら、確定申告が必要です。

他の収入が20万円以下なら申告不要だと思っている人がいますが違います。

20万円以下なら納税額がゼロになるだけです。

勤務先には住民税の通知が行ってしまいますのでバレます。

なので、他の収入が20万円以下でも、会社に内緒にしたい人は、確定申告して、住民税を特別徴収(給与から源泉徴収)では無く、普通徴収(自分で納税する)にしておきましょう。

他の収入が20万円以下で、それが会社に知られても良いのなら、確定申告は不要です。

 

で、実際に、e-Taxを初めて使ってみて。

まあ非常にカンタンです。

 

ちょっと不服なのは、サラリーマンとしての源泉徴収票の原紙を貼り付ける必要がある点です。

うちの会社は源泉徴収票はWeb版なんですよ。

どうしても必要な人は総務部に願い出る必要があります。

その時点で、ちょっと怪しまれますね。

まあ、源泉徴収票を発行する義務は会社にはありますから、ちゃんとくれますが。

 

あと、ボクの場合、去年は医療関係の領収証が65枚もあり、めでたく(?)10万円を超えました。

健康保険組合から医療費の通知が来ていたんですが、それに載っていない医療費もたくさんあったので、それをExcelで集計して記載しました。

結構大変でしたね。65枚の領収証。

 

それから、2017年に買ったiMacが25万円ほど何ですが、2017年は減価償却しなかったんですよ。

なので今回はしておきました。事業稼働率は50%として4年償却。3万円ちょっとですね。

最初、どこに書くのか悩みました。

申告書とは別に収支内訳表があるんですね。

 

あとは寄付関係ですね。これも領収証を添付。

 

てなわけで、こうやって書くと、サラッとしていますが、

 

  • サラリーマン給与
  • 副収入が5種類
  • 医療費の領収証が65枚
  • パソコン購入費の減価償却
  • 寄付金

 

があるので、わりと手間はかかりました。

と言っても、申告自体はカンタンで、その準備(集計)が大変でしたね。

 

既婚者はその処理も必要でしょうし、生命保険に入っている人は、その控除もありますし、人それぞれなんですよね。

個人でも事業届している人もいるでしょうし、青色申告の人もいるでしょうし。

法人を作っている人もいるでしょうし。

 

ボクのケースは、あくまでもサラリーマンが、それなりに他収入も得ていて、通院やら寄付やらをしているパターンです。

 

あとは、各用紙をプリントして、印鑑を押して、源泉徴収票などを貼り付けて、封筒に入れて送るだけ。

 

そんなわけで、いずれ、個人でも、完全に電子申告(紙の書類無し)になればいいですね。