非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

USB端子が1個のモバイルバッテリーで2本のケーブルを使う

旧モバイルバッテリーには2個のUSB-A端子がある

 

 

先日、モバイルバッテリーの寿命が来たので、新しいのを手に入れた話を書きました。 

 

www.b-chan.jp

 

 

古い方のバッテリーには、USB-A端子が2個とMicroUSB端子が1個あります。 

旧バッテリー

 

 

MicroUSB端子は、このバッテリー自体を充電するために使います。

スマートフォンを充電するには、USB-A端子を使います。

ボクはいつも、USB-A端子に、LightningケーブルとMicroUSBケーブルを挿しっぱなしにしていました。

2本のケーブルを挿せる

 

 

こうすれば、持ち運びもラクですし、iPhoneにもAndroidにも対応できます。

 

 

新しいモバイルバッテリーにはUSB-A端子が1個しか無い

 

 

一方、新しいバッテリーはスリムで軽いんですが、USB-A端子がひとつしかありません。

厳密に言えば、USB-A端子が1個とMicroUSB端子が1個。 

新バッテリー

 

 

これだと、挿しっぱなしにできるケーブルは1本。

不便だと思っていたんですが、よく考えれば、MicroUSB端子にMicroUSBケーブルを挿して持ち運べば良いのです。

一応2本挿せる

 

 

でも、その場合、自宅でモバイルバッテリー自体を充電する際に、MicroUSBケーブルを取り外す必要があります。

そうなると、外出の際に、取り外したMicroUSBケーブルを持参するのを忘れる可能性があります。

 

何か画期的な解決方法は無いか。

 

ありました。

画期的では無いですが、単純な方法が。

 

結束バンドを使います。

結束バンド

 

 

結束バンドで2本のケーブルをまとめてしまうのです。

一度やってみたんですが、輪の大きさを限界まで絞ってしまうと大変なコトになるので、この程度にします。

ケーブルを結束バンドでまとめる

 

 

少し余裕がある大きさ。あまりに輪が大きいとケーブルが抜けてしまうので適度な小ささで。

これで、一方のケーブルをバッテリーに挿しておけば良いわけです。 

新バッテリーにつないだ様子

 

 

端子自体は1個しかないので、その都度、使う方のケーブルに挿し換えるわけですね。

 

ちなみに、こう言う一石二鳥ケーブルもありますが、ちょっと長いんですよね。

 

 

 

あるいは、MicroUSBをLightningに変換するアダプタも良さそうです。

 

 

 

検索すれば、たくさんの製品が見つかるんですが、この場合、アダプタに鎖が付いているタイプが良いです。