非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

スリムなモバイルバッテリーを手に入れた

モバイルバッテリーの寿命

 

 

帰省中にモバイルバッテリーの寿命が来ました。

この写真の左端の白いのがそれです。ちなみに右端はiPhone XS Max。

旧バッテリー

 

 

人気のAnkerのバッテリーです。

PowerCore 10400と言う製品です。

買ったのが2015年11月です。4年強ですね。

酷使していたので、4年も使えたコトは良しとしましょう。

しかし、数日間の帰省に備えて持って行ったのに、よりによって、その最中に寿命。

 

 

後継モバイルバッテリー

 

 

いつもなら、Amazonで新製品を購入するところですが、帰省中なので、通販の到着を待っている場合ではありません。

そこで、外出先に合ったビックカメラ(大阪の難波)に行って、新しいモバイルバッテリーを入手しました。

それが上の写真の真ん中です。

iPhoneにつなげると、こんな感じ。

新バッテリー

 

 

旧バッテリーは面積は小さいですが厚みがあり、新しいバッテリーは面積は大きいですが薄いです。

また、旧バッテリーは重さは240グラム、新バッテリーは210グラム。

ただし、旧バッテリーには、充電用のMicroUSB端子がひとつと、給電用のUSB-A端子が2つあります。

その2つの給電端子にボクはいつも、短いLightningケーブルと短いMicroUSBケーブルを差し込んでいました。

いつでも、iPhoneとAndroid機に使えるようにです。

しかし、新バッテリーは、充電用のMicroUSB端子がひとつと、給電用のUSB3端子がひとつ。つまり給電ケーブルはひとつしか挿せません。スリム化の犠牲ですね。

 

性能的には、

 

旧バッテリー:容量10400mAh、充電最大10W、給電最大15W。

新バッテリー:容量10000mAh、充電最大18W、給電最大18W。

 

新バッテリーは速くなっています。

 

ちなみに、仕方無く外出先のビックカメラで買ったんですが、価格は約5000円でした。

ヨドバシカメラの店頭も見ましたが、この容量のAnker製品は6000円を超えていた気がします。

Amazonで見ると、3200円ほど。

ポイント還元を考えても、やはり、Amazonは安いようです。

 

ボクが買ったのはこれ。

 

 

 

でも、充電がUSB-C端子になった、こちらのモデルも出ています。安くて高性能なので、これが欲しかったんですが、ビックカメラには無かったんですよねえ。