非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

5G時代にはスマホなどの端末が安くなる

5G

 

 

こんにちは。

5Gとは、5ギガバイトのコトではありません。

5ギガバイトは容量を表す言葉です。

パソコンのメモリーが5ギガバイトとか、スマホのストレージの空き容量が5ギガバイトとか。

ここで言う5Gは、第5世代(generation)と言う意味で、携帯電話の通信規格を指します。

現在、世界中で普及しているのが、4Gですね。

4Gが5Gになれば、通信速度が100倍くらい速くなるとかならないとか。

 

通信速度が超高速になれば、スマホなどが安くなります。

 

 

ダウンロードと言う概念が無くなる

 

 

現在の4Gと言う通信規格も、昔の通信と比べると、めちゃくちゃに高速になりました。

携帯電話で動画が見られるなんて、夢のようです。

でも、5Gになって、もっともっと速くなると、概念が変わります。

 

今の携帯電話では、データはいったん、ダウンロードします。

ダウンロードして、端末内に保管してから、それを活用します。

なぜなら、毎回ダウンロードしていたら、時間がかかるからです。

例えば、1つのファイルをダウンロードするのに1分かかっていたら、それを繰り返すのは大変ですよね。

しかし、5Gになって、100倍くらいの速さになったら、1分から1秒未満になります。

そうなれば、毎回通信しても気にならない速度です。

もはや、ダウンロードして端末内に保管する意味が無くなるのです。

 

すると、本体に、保管するためのストレージ(保管庫)が必要ありませんよね。

今はまだ、本体に保管する必要があるから、本体のストレージとして、64GBとか、256GBとか、512GBなどの容量が必要なんです。

そこに音楽や写真や資料を収めておくのです。

 

でも、5G時代になれば、それらのデータはすべて、クラウド(ネット上の保管庫)に置いておけます。何せ、超高速で通信できますから。

と言うコトは、スマホなどの端末内にストレージは必要ありません。

なので、もしかしたら、5G時代のiPhoneのストレージは、今のiPhoneよりも減るかもしれません。

なので、価格は下がるのです。

と言うのがボクの予想。

要は、端末の本体内に保管するか、ネット上の保管庫に保管するかの違いですね。

超高速通信が後者を可能にします。

 

今年から来年が5G時代の始まり。

はたして、ボクの予想は当たるでしょうか。

一応、ヤマカンでは無く、ロジックで予想したつもりですが。