非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

クルマに乗るのと死ぬのは同じ意味

事故

 

 

今日、痛ましい事故がありました。

 


4台玉突き事故で子どもら3人死亡 兵庫・加古川(18/10/25)

 

 

ボクはいつも思うんですが、死に至る事故って、ニュースで伝え聞くだけでは、実感が湧きにくいんですが、実際の現場では、耐えきれないほどの痛みの中で亡くなっているわけです。

想像してください、

金属バットを振って顔面に激突させられることを。

痛そうでしょ?

想像するだけでもイヤでしょ?

でも、それだけでは死なないかも知れません。

トラックに挟まれて亡くなると言うのは、亡くなるまでの間、亡くなるくらいの激痛を感じるわけです。

これを読んでいるあなた、自分の腕を、真っ二つに折れますか?

それはもう激痛ですよ。でもそれでは死にません。

それをはるかに超える激痛で亡くなるのが交通事故です。

 

トラック

 

 

交通事故の悲惨な点は、とにかく死に至るほどの猛烈な痛みの中で人生を終える点。

そして、その地獄の激痛がニュースでは全く誰にも伝わらない点。

交通事故死が年間4000人つまり毎日10人以上も発生しているのに、なんら対策が行われない点。

事故で10人亡くなったら大ニュースでしょ?

それが1年間365日連続で起こっていて、それが何十年も連続で起こっているのに、誰も異常性を感じない。

なのに、たまに数名の殺人事件が起こると歴史的な大騒ぎ。

 

要は、交通事故ってのは、365日連続で10人の殺人事件が起こっているのと同じです。

 

アクセルとブレーキを踏み間違えまくっているのに、それでも、ずーっと、アクセルもブレーキも同じ右足で踏む構造を変えようとしない。

 

ボクは、アクセルは右手、ブレーキは右足で良いと思うんですけどね。

 

クルマに乗る人。

覚悟してください。

クルマに乗ると言うことは、一切、落ち度が無くても、死ぬかも知れないと言うのと同じ意味です。

今日、今からクルマに乗る人は、これが人生の最後の可能性があります。

かなりの高確率です。

年間に4000人も死ぬ事故は他に無いですよね。しかも何十年も連続で。

 

ボクは自分が運転するときはめちゃくちゃに車間距離を取ります。

なぜなら、万が一、後ろから追突されても、前のクルマに挟まれないで済むかも知れないからです。

車間距離を取れば渋滞の原因になる?

知ったコトでは無いです。

 

自分の子供の命と渋滞回避。

どっちが大切ですか?

 

もちろん高速道路では、なるべく後ろに大型車が来ないように車線変更しながら走ります。

 

一番怖いのは右カーブ。

日本では左側をクルマが走るので、右カーブのときは、対向車とすれ違うときは、対向車が自分に向かってきますよね。

万が一、対向車の運転手がミスをしたり酔っ払いだったら、自分に突っ込んで来て正面衝突。

左カーブなら、その心配はありません。

 

なので、ボクは事前に右カーブがあることがわかるときは、なるべく対向車がいないタイミングで右カーブを通過するようにスピード調節します。

自分が時速40キロメートルでも、相手が時速40キロメートルなら、相対速度は時速80キロメートル。

おそらくどちらもぺしゃんこで死にますね。

 

事故で死んで行った人たちは、生きているときは、他の人の交通事故死を見て、気の毒に、と思っていたでしょう。

まさか次に自分がそうなるとも知らずに。

全員がそうです。

 

クルマに乗ると言うことは死ぬのと同じだと言うことです。

 

自分が交通違反をするかどうか関係ありません。

追突されたら死にます。

死ぬほどの激痛が人生最後の経験です。

 

それを考えるようになってから、ボクはクルマを運転する機会を激減させました。

 

今日の悲惨なトラック追突事故を見て、改めて、そんなコトを考えました。