非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

鉄道の発車ベルをやめるニュース

駆け込み乗車

 

 

すごーく面白いニュースを見つけてしまいました。

 

this.kiji.is

 

 

鉄道の駅で、列車が発車する際の発車ベル。

確かに大音響で、それが鳴ると、駆け込み乗車する人がいます。

遠くまで聞こえるので、例えば階段を駆け上がってきて飛び乗る人もいるわけです。

 

その発車ベルをやめて、代わりに車両側に設置されたスピーカーで、そばにいる人だけに聞こえるようにするわけです。

すると、遠くから走ってきて駆け込み乗車する人がいなくなると言う理屈ですね。

 

 

ベルをやめる

 

 

このニュースを読んで、何となく思ったんですが、もはや、ベルそのものをやめてしまうってのはどうでしょう?

日本の駅って、アナウンスやらベルやら、とにかく知らせまくり。

 

「1番線に列車が参ります。」

と、

「2番線に列車が参ります。」

が重なるため、1番線は男性の声、2番線は女性の声にして、聞き分けやすくしている説、なんてのもありますね。

 

とにかく騒がしいんです。

 

いずれホームドアが普及すれば、列車と接触する危険性も無くなるので、過剰なアナウンスは不要になると思われます。

 

いっそ、発車ベル自体をやめて、何の音も無く発車するってのはどうでしょう。

そうすれば、駆け込み乗車はほぼ全滅。

 

ただ、そうすると、目の不自由な人が困るので、到着時と発車時に、必要なアナウンスをする。

 

「1番線に東京行き急行が到着します。」

「1番線から東京行き急行が発車します。」

 

ベルは無し。

 

これがベストかどうか、わかりませんが、駆け込み乗車を無くし、目の不自由な人にも配慮する。

色々、実験するのは大切な気がしました。