読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

「大人が教えられない本当の『経営』のはなし」が素晴らしすぎる

書籍 ビジネス

無形バリュー 

 

とある経営に関する本を読んで思い知らされました。

今までの自分の無知さに。

経営って、経営技術より、もっと大事なモノがあるんですよね。

 

例えば、財務諸表を理解できない社長もいますけど、できた方が絶対に有利です。

資金繰りさえ何とかなれば倒産せずに済んだのに、とか、黒字なのに倒産、なんてことも珍しくないんです。

 

だからボクはいろんなことを学びましたが。

学んで学んで、でも、一番大切なことを学んでいませんでした。

 

みなさん、「無形バリュー」って言葉、知ってますか。

 

会社にある財産で目に見えるモノは「有形バリュー」です。

バリュー(value)ってのは価値とか財産って意味ですね。

有形バリューは、おカネとか土地とか建物とか人材とか。

そういうモノを経営者は活用して、おカネを稼いでいく。

それが経営者の仕事。

それはその通りであり、間違ってはいません。

でも、何のために?

おカネを稼ぐのが目的でしょうか。

 

それって、存続できないんですよ。

答えは簡単で、ある企業がお客さんに、

 

「当社の1番の目的はおカネを稼ぐことです。」

「当社の1番の目的はお客さんを喜ばせることです。」

 

どちらを支持したいですか?

間違いなく後者ですよね。

当たり前といえば当たり前ですが。

 

結局、おカネを稼ぐことが目的になると、支持を得られないんです。

ボクはこのブログで、おカネを稼ごう、と書いています。

 

www.b-chan.jp

 

読んでもらえばわかりますが、カネ儲けを目的とせよ、とは書いていません。カネ儲けは、何か良いことをするための、

 

手段

 

なんです。そこは間違ってないと思います。

で、具体的にどうやって稼ぐか。

 

ビジネスの基本の基本は、安く仕入れて高く売る。

これです。すべてこれです。

 

100円で仕入れて150円で売るから150円の利益が出る。

100円で仕入れて100円で売ってたら、儲かりません。

儲からなければ企業は存続しません。

企業が存続しなければ、お客さんはその商品を買えませんし、雇用も失われますし、株主は投資資金を失いますし、何も良いことは無いんです。

だから、うまく経営しなきゃならない。

 

では、100円のモノをどうやって150円で売るのか。

このプラス50円にお客さんが魅力を感じれば、その価格で買ってくれます。

そのプラス50円を生み出すのが、アイデアです。

アイデアって人間が考え出すモノであって、おカネや不動産と違って目には見せません。

小麦粉を仕入れてくるのは有形バリュー。

それをどうやってこねて焼いて、おいしいパンに仕上げるか。

そのアイデア、スキル、知恵こそ、無形バリューなんです。

 

では、有形バリューと無形バリューの最大の違いは何か。

それは、量ですよ。

有形バリューは量に限りがあります。

おカネは底を尽けば経営が終わります。

でもアイデアはいくら使っても減りません。

 

経営とは

 

日本は戦後数十年間、高度経済成長期という有形バリュー一辺倒の時代を経験しました。バブル経済を経験し、おカネの価値が重宝されました。

無形バリューを考えなくても、有形バリューであるおカネさえ出せば、商売は成り立ちましたし儲かりました。

でも今後の日本は違いますよね。

 

人口減少でマーケットも縮小します。

おカネを投じるだけでは商売は成り立たず、いずれおカネは尽きていきます。

大切なのは無形バリューの活用。いくら使っても減らない無形バリューを使って利益を生み出すんです。

無形を生み出すのは人間です。

だからこそ、従業員を大切にしなきゃいけない。

ブラック企業が根本的に間違えているのは、人間を有形バリューとして扱う点。

だから、こき使うだけ使って切り捨てる。

それをリストラと呼んでいますが、リストラの本来の意味は再構築。

人減らしでは無いんです。

人を減らせば、無形バリューを生み出す源も減ります。

無限のアイデアの源が減るんです。

 

だから、ブラック企業は利益を生むことができず、そのためにまともな給料も払えず、厳しい環境で従業員を使うという悪循環。

 

経営者が持つべき大切な視点。

何のために稼ぎ、利益を生むのか。

それは人を喜ばせ、幸せにするため。

 

いくらボクがここで書いても、伝わりません。

読んでください。

 

 

ボクが直近で読んだ100冊で圧倒的ナンバーワンのすばらしい本です。

紙の書籍だと高いですが、電子書籍(AmazonのKindle)版なら150円。

とりあえず買ってダウンロードしましょう!

iPhoneやiPadやandroidなどのスマートフォンやタブレット、あるいはパソコンで簡単に読めます。

「経営」をする人だけじゃなく、自分自身が企業で働く身なら読む価値あり。

いや、働いていない人も勇気付けられ、考えさせられますよ。

ホントにオススメです。 

 

www.b-chan.jp