読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

震災が起こるたびに、かつて被災したボクが激しく言いたくなること(地震だけ自粛するのは身勝手)

つぶやき

マイナス思考になるべし

 

熊本を中心に地震で被災したみなさん、余震がまだまだあると思うので、

 

「もう大丈夫だろう。」

 

という何の根拠も無い思い込みはやめて、

 

「きっと危険に違いない。」

 

という前提で行動してくださいね。例えば、ぱっと見て大丈夫そうな損傷した建築物。見た目で判断しないように。

危険な状態になっているので、次は余震だけでも倒壊する可能性が大きいです。

危ないに違いないというマイナス思考があなたの命を守ります。

ポジティブ思考は平時にすればいいんです。今はマイナス思考で命を大事にしましょう。

そして、普段はお付き合いの無い近所の人ともとにかく話してください。

ボクもかつての阪神大震災の被災者ですが、とにかく人とつながりまくるのが大きな助けになります。

まずは周りにいるすべての人と友達になりましょう。

 

自粛反対

 

ボクはテレビを見ないので、いまの事情はよくわかりませんが、テレビ番組とかイベントとか、自粛に走りがちです。

ボクは自粛は大反対。

なぜなら、メリットは何もなく、デメリットがあるからです。

そもそも震災が起こったら、なぜ自粛するのですか?

不謹慎だから?

なぜ不謹慎なんでしょうか?

人が亡くなっているから?

どうぞ、これを読んでください。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

日本で一番多くの人の命を奪っているのは交通事故です。

1年で数千人、10年で数万人、来る日も来る日も確実に人が亡くなっています。

もし不謹慎だから自粛というのであれば、1年間ずっと自粛ですよ。

地震は重大で交通事故は重大では無いとでも言うのでしょうか。

人間て恐ろしいモノで、たまに起こる事件には大きな関心を寄せるんですが、毎日起こることには慣れてしまって、違和感がなくなってしまうんですよね。

だからボクはこうやって警鐘を鳴らしています。

地震以外にも来る日も来る日も、事故、犯罪、病気、火事などで日本中で誰かが苦しんでいます。地震の被災者よりもっと苦しい思いをしている人がたくさんいます。

苦しんでいる人を慮って自粛すべきなら、1年中ずっと自粛すべきでしょう。

地震の被災者だけが気の毒だ!ではおかしいでしょ?

だから、ボクは地震の時だけ自粛なんてのは大反対です。都合が良すぎ。勝手すぎます。

それが被災を経験したボクの気持ちです。

 

自粛したら、本来行なわれることが行われなくなって、経済活動が停滞するんですよ。

つまり、おカネ儲けが停滞します。

そうやって景気が悪くなったら、収入も減るので、困ってる人への支援活動も難しくなります。

大変なことが起こったときこそ、もっともっとおカネ儲けして、もっともっと寄付などの支援をすべき。それがボクの考え方です。

 

地震の時だけ自粛するなんていうご都合主義で身勝手な人たちに大反対。

もっと苦しんでいる人たちの気持ちを考えて欲しいモノです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

スポーツ選手・芸能人へ

 

「自分は野球選手だから、野球をすることでしか被災者を元気付けられない。」

「私は歌手だから、歌うことでしか支援できない。」

 

あー、よく聞くセリフですねえ。

情けない。

じゃあ、パン屋さんはパンを売ることでしか支援できないのでしょうか。

ボクは今は不動産の仕事をしていますが、不動産のこと以外でもいくらでも支援できます。

寄付もボランティアも。

野球選手だって歌手だって、それ以外のことをいくらでもできるんですよ。

だから、上記のようなセリフを言うのは、単なる詭弁です。

 

安全な場所は無い

 

さっきも書きましたが、マイナス思考が命を守ります。

今回の地震でわかったと思いますが、安全な場所なんてどこにもありません。

明日、ボクの住む横浜に大震災が起こるかもしれませんし、あなたの街かもしれません。

すべての場所で、震災が発生する確率は50%です。

ボクはすでに被災を経験していたので、それ以降の人生は一変しました。

とにかく、家具や家電が倒れたり飛んできたり、天井が落ちてくることを実体験しています。

2011年の2月に、ある友達の家に遊びに行ったんです。

そこは子供がまだ2歳くらいで小さかったんですが、リビングにはテレビボードの上に大画面テレビがありました。子供はそこで遊んでいました。

ボクは真っ先に注意したんですよ。

 

「このテレビが倒れたり飛ばないようにしないと、子供が死ぬよ。」

 

友達は、震災の経験がなかったので、ボクの言うことには半信半疑でしたが、ボクがあまりにも強く言うので、数日後に転倒対策をしたんですよ。

 

なんと、その2週間後に東日本大震災。

その友達の自宅でも、一部の固定していないキッチンの戸棚が倒れました。キッチンは狭いので幸いにも横倒しにはなりませんでしたが。

テレビは転倒対策のおかげで無事。

地震が起こったのは午後。まさにいつもなら子供がリビングで昼寝している時間帯。

後日言われましたよ。

 

「あのとき言ってくれなかったら、子供はどうなっていたかわからない。」

 

うん。当たり前なんです。

地震は人間の思いとは無関係に発生します。

 

あなたの自宅を見回してください。

何の固定もしていない家具や家電があれば、震度7で飛んできます。

ベッドが部屋の端から端まで飛んでいきます。

冷蔵庫が寝ている人に落ちてきます。

それくらいの激しい揺れです。

 

もう一度言います。

人間の思いは無関係です。

今から1時間後に地震が起こり、家具の下敷きであなたの家族が犠牲になるかもしれません。その確率は50%です。

だから、いずれ対策しようなんて思わず、今すぐ対策してください。

そうしないと、手遅れだったときの後悔がすごいですから。

そんな経験をした人がたくさんいるんですから。

 

以上、いまボクが思っていることを書きました。

 

www.b-chan.jp