非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Kindleの既読管理

Kindleアプリ

 

 

ボクはこの5年ほどは、ほぼすべての本をAmazonのKindle電子書籍版で買っています。

読書端末はiPhoneかiPadかAmazonのFire HDを使っています。

 

以前は未読と既読を管理する機能が無かったので、自分でコレクションを作って、既読マークを付けていましたが、今のKindleアプリには既読管理機能があるので、その使い方を書いておきます。

iPhone版で説明します。

 

 

既読管理

 

 

ライブラリ(本の一覧)画面を表示しましょう。

今回は、この画面の上から3番目の左端の「スタンフォード式デザイン思考」と言う本でやってみますね。

新規

 

 

上図では、本の表紙の右上に「新規」と表示されています。

まだ、買ってダウンロードしたばかりの状態ですね。

この本を読み終わって、最後のページをめくったら、「新規」マークが自動的に「既読」マークに変わります。

もし変わらなければ、手作業で「既読」マークを付けられます。

やり方はカンタンで、本の表紙を長押しします。

するとメニューが表示されます。

既読に登録する

 

 

そのメニューの中の、「読んだ本」の本棚に追加を押しましょう。

これで、「既読」マークに変わります。

既読になった

 

 

逆に、「未読」に戻したい場合は再び表紙を長押しして、「未読にする」をタップします。

未読に戻す

 

 

本棚を切り替えるには、ライブラリの左上にあるフィルターボタンを押してみましょう。

フィルターボタン

 

 

すると、「既読」本棚や「未読」本棚などに切り替えるメニューが表示されます。

本棚

 

 

「未読」本棚を選べば既読本が表示されなくなるので、読んでいない本を選びやすくなります。

 

こんな感じで、今のKindleアプリは、既読管理がラクになりました。

表紙に表示されるので、一目でわかるのが助かります。

ボクのKindleアプリには数千冊の本が入っているので、管理が大変なのです。

今後もさらに便利に改善されるコトを願います。