非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

一人暮らしで不在がちの人でも宅配便をいつでも受け取れる方法

Amazonの配送オプション

 

 

こんにちは。

永遠の独身、B-CHANです。

 

ボクはずーーーーーーーっと、一人暮らしなので、仕事から家事から引っ越しの手続きから、とにかく何もかも、自分でやっています。

孤独死予備軍です。

 

さて、そんな何でもやるボクにも困ったことがあります。

宅配便の受け取りですね。

ほとんどの宅配便は、夜9時までの配達。

平日は朝から晩まで仕事。

休日も何かと外出。

宅配ボックスが設置されているマンションに住んでいる人なら良いんですが、あいにく、今のボクの自宅にはありません。

なのに、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング他、多くの買い物を通販で行う習慣が定着しています。

一人暮らしで不在がち。

なかなか受け取りできません。

 

そんなボクを救うのが、Amazonの配送オプションです。

 

 

コンビニへ

 

 

1年のうち、コンビニに行かない日はあるでしょうか。

ボクはたぶんありません。年に1000回くらい、コンビニに行っている気がします。

そこで、コンビニを活用しましょう。

実は、Amazonには、配送先をコンビニにできるオプションがあります。

 

この買い物画面。注文を確定する、その前に、お届け先住所を変更します。

自宅

 

 

もし、自宅の近所にコンビニがあるなら、選択肢として表示されます。

それを選ぶだけ。

ボクの自宅の近所にも徒歩1分のところにローソンがあります。

そこに届けておいてもらえば、24時間いつでも受け取れます。

コンビニ

 

 

もちろん、コンビニから自宅まで持ち帰る必要はありますから、あまり遠いと向いていないかもしれません。

また、ボクは以前、2リットルのミネラルウォーター6本入りをコンビニ着にしてしまったことがあります。

そのときは、例え徒歩1分でも非常に運ぶのに苦労しました。

コンビニの店員さんにも悪かったなあ、と。

 

と、自宅に直接届けてもらうよりは利便性で少し劣りますが、なにせ24時間いつでも受け取れると言うのが最強。

コンビニに荷物が到着したら、メールが届くので、きちんとわかります。

 

今まで活用していない、一人暮らしのみなさん、ぜひ使ってみてください。

 

あ、新機種、出ましたね、Fire HD 8。