非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

リモート会議をVRで

リモート会議

 

 

新型コロナウイルスの流行で、リモートワークが普及しました。

2019年までは世の中のほとんどの人に縁が無かった様式が、2020年になって、ほとんど誰もが知る様式になりました。

実際に、自宅で、勤務先の同僚とビデオ会議をした経験のある人も多いでしょう。

 

一般的なビデオ会議では、画面を複数に分割して、それぞれの小さなウインドウに1人1人の顔が映る形式です。

 

ボクは、それを見て、ふとしたコトを考えました。

 

 

VR

 

 

そうです。

VR(virtual reality)ですよ。

各自がヘッドマウントディスプレイ(HMD)を被るんです。

 

こう言うの。

 

 

 

そうすれば、各自の顔をパソコンのディスプレイで並べて見るのでは無く、実際に自分の目の前や隣にいるような体験ができるのでは、と思ったんですよ。

まさに、勤務先のオフィスにいるような臨場感。

ビデオ会議と違って、常に正対しているわけでは無いので、ストレスも大幅に減るのでは、そう考えました。

 

でも、よく考えたら、トンデモナイ話でした。

 

遠距離にいる人と対面で話ができると言うコトは、その人の顔をカメラで映している必要があるわけです。

しかし、HMDを装着している状態だと、着けている本人が見るには良いんですが、その人を他の人が見るコトはできないんですよね。

だって、カメラで撮影していないので。

仮に、カメラの前に座ったとしても、それは、頭にHMDを装着している姿です。

 

なので、どうやっても、同僚がVR空間に存在してる状態は実現できないコトに気付きました。

 

ホントにオフィスにいるかのようなリモートワークって、どうやって実現できるんですかね。

そんなコトを考える日曜の夜中。