非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

宅建試験の民法分野

宅地建物取引士資格試験

 

 

気が付けば、今年も宅建試験のシーズンですね。

10月18日が試験日。

明後日です。

ボクは大昔に受験して合格済みです。

まだ、宅地建物取引主任者と呼ばれていた時代ですね。

今は、宅地建物取引士なので、士業を名乗れます。

 

合格率は15%前後ですね。

 

www.tac-school.co.jp

 

 

数ある国家試験の中で、マークシートだけで受験できるコトと、潰しが効く資格なので、受験者数が非常に多いですね。

毎年、合格者が3万人以上も誕生するわけですから。

 

 

考え方を学ぶ

 

 

試験なので、知識を問う問題と思考力を問う問題が出題されます。

毎度のコトですが、ボクは、世の中を生き抜くには、思考力が大切だと考えます。

知識は調べれば誰でもわかる、つまり、頭の良さは関係無いですからね。

 

東京タワーの色は赤い、と知っていても、頭が良いなあ、とはならないわけです。

 

ボクが好きな事例が、ダマされた人と脅された人の問題。

 

AさんがBさんにダマされて不動産を善意(事情を知らない)のCさんに売ってしまいました。

さて、Aさんは、Cさんから不動産を取り戻せるでしょうか。

 

正解は、取り戻せない、ですね。

Aさんは気の毒ですが、ダマされたコトに多少の落ち度はあるので、Cさんには勝てないわけです。

 

では、次の問題。

 

AさんがBさんに脅されて不動産を善意のCさんに売ってしまいました。

さて、Aさんは、Cさんから不動産を取り戻せるでしょうか。

 

正解は、取り戻せる、ですね。

こちらの場合、Aさんに落ち度は無いからです。

 

これらを暗記しても、応用が利きません。

なぜ、そうなるのかと言う理由を考えられるコトが大事なんですね。

 

これらの問題は、民法と言う分野での出題ですが、毎年、民法を苦手とする人は多いんですよね。

他の分野は暗記が多いので、覚えれば解けます。

 

ボクは逆に、民法が得意で、他の分野が苦手でした。

民法は理由を考えれば解けますが、暗記分野は知らなければ絶対に解けないからです。

 

東京タワーを見たコトも聞いたコトも無い人が、東京タワーの色を訊ねられても、絶対にわかりません。

考えて出す答えでもありません。

まぐれで当てるしか無いのです。

 

そんなわけで、暗記問題は、あと2日で覚えられる量に限界があるでしょうけど、考える問題は知識が無くても解けます。

残りの勉強時間に思考力をトレーニングしてみてはいかがでしょうか。