非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

テレビタレントがユーチューバーを否定する意味は無い

テレビとYouTube

 

 

古いタイプの人は新しいモノが出てくると拒絶反応を示しがちです。

将来の職業としてユーチューバーに憧れる子供も増えてきました。

これって本質的には、芸能界に憧れるのと、何ら変わりません。

なのに、なぜか、ユーチューバーには否定的な人が多いんですよね。

テレビのタレントにすら、そんな人がいます。

 

でも、考えてみてください。

視聴者がYouTubeを見るのは無料です。

合間に広告が流れます。

同じように、視聴者が民放テレビを見るのは無料です。

合間に広告が流れます。

 

要は、YouTubeもテレビも、出演者は広告主(スポンサー)からおカネをもらうビジネスモデルです。

同じなんですよ。

媒体がテレビかネットか。

先に登場したか、後から登場したか。

それだけの違いです。

おカネを稼ぐ仕事としての本質はどちらも同じです。

 

 

YouTubeのメリット

 

 

世界の広告マーケットの金額規模は2019年にはすでにインターネットがテレビを追い抜きました。

テレビもネットも広告で成立する世界ですが、その規模がついに、ネットが最大に躍り出たんですね。

広告主はより多くの人に広告を見られるのが目的です。

しかもネット広告は聴取率はクリック率などのレスポンスが、テレビと比べものにならないほど正確にデータ収集できます。

なので、今後は、さらにネットは拡大するでしょう。

1日は24時間しか無いので、その時間を取り合うと言う意味では、ネットの視聴時間が増えれば、それだけ、テレビの視聴時間が減ります。

この流れはしばらくは変わらないでしょう。

 

YouTubeにはテレビには無い大きなメリットがあります。

それは、このブログも同じです。

 

テレビの場合は、出演したタレントには出演料が支払われますが、それっきりです。

継続的にギャラを得るには、継続的に出演し続ける必要があります。

しかし、テレビには法則枠があるので、全タレントが出演するコトはできません。

テレビに出演するのは、ほんの一握りのタレントなんですね。

 

一方、YouTubeは、自分でチャンネルを作って番組を制作できます。

そして、ひとつの番組を作ってしまえば、その番組が再生されるたびに収益が発生するのです。

これがテレビとの最大の違い。

1回の制作で、繰り返し収益を生むのです。

ボクのこのブログには数千本の記事があります。

それぞれの記事が何度も読まれます。

個々の記事を書くのは1回きりですが、読まれるのはずっとです。

一度の制作で継続的に収益を生むのがテレビとの違いです。

YouTubeでも、コツコツと番組を作り続ければ、それぞれの番組が継続して再生され、そのたびに収益を生みます。

テレビのように1回切りではありません。

しかも、ブログもYouTubeもオンデマンド。

テレビのように決まった曜日、決まった時刻にテレビの前にいる必要はありません。

録画の必要もありません。

視聴者が見たいときに見られるのです。

利便性が桁違いに良いわけですね。

 

テレビとYouTube。

どちらも広告モデル。

なのに、市場規模はインターネットが大きくなり、収益機会は継続的であり、視聴者にとっても便利。

明らかに、出演者と視聴者の両方がWin-Winの関係なのがインターネットです。

 

もはや、テレビタレントがユーチューバーを否定的に見る時代は終わっていますし、そう言う味方しかできないタレントは、取り残されるでしょう。

 

生き残るのは強い者ではありません。

生き残るのは変化に対応できた者です。

 

人生100年時代。

100年もあれば、環境は大きく変わります。

既存のモノ、環境が正しいと信じる人は生き残れません。

新しいモノをいち早く自分のモノにできた人が生き残ります。

 

テレビに出たい、テレビに憧れる、と言う古い考えから、自分からYouTubeに出演する時代に変わっています。

 

あと、50年以上、生きそうな人は、それを知っておかないと、残りの人生を取り残されるコトになるでしょう。