非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

能力主義の結果

ベースアップ

 

 

日本企業にベースアップ廃止の動きが出てきていますが、大手銀行の三菱UFJでも廃止のようです。

 

www.nikkei.com

 

 

ベースアップと言うのは要するに、全従業員が仲良く給料アップと言う話なので、企業にとっては大きなコストになります。

企業業績と言うのは毎年変動するので、毎年のようにベースアップするのは、ある意味、矛盾ですよね。

例えば、売上が1億円しか上がっていないのに、人件費が2億円上がれば、上昇分は赤字です。

ベースアップは企業の成長が前提なんですよね。

 

で、今後、日本は人口が減少しますし、海外との競争も激化します。

要は、企業の成長が見込みにくくなりました。

 

 

能力主義

 

 

さっき書いたように、1億円の増収で人件費が2億円も増える、そんなコトを繰り返していたら、企業は潰れます。

だから、もうベースアップと言う考え方はやめようと言う話なんですね。

 

それよりも、たくさん儲かったら、たくさん従業員に還元しよう、と言う考え方です。

今までの給料の制度だと、業績が2倍になったからと言って給料が2倍になるコトはありませんでした。

でも、能力主義だと、それが起こり得ます(もちろん制度によりますが)。

つまり、稼ぐ能力のある人にはおいしい制度です。

逆に、能力が低ければ給料が半分になるかも知れません。

これも従来は起こり得ませんでした。

 

もはや、同期とか同僚と言う考え方は意味が無くなります。

同じ年に入社しても、給料が2倍3倍と変わってくるわけですし、翌年は逆かも知れません。

 

たくさん稼ぐ人には高い給料を。そうでは無い人にはそれなりの給料を。

これを実施すると、理論的には会社は安泰です。

何せ、赤字にならないので。

稼げない人に高い給料を払う必要が無くなるからです。

ある意味、正社員と言っても自営業と同じになるわけですね。

 

会社が倒産しなくなるので、そこで働く人にとってはチャンスは続きます。

同時にリスクも続きます。

 

会社経営としては、成長と安全が求められるので、理想的ですが、実際に実施すると、あるひとつの問題が起こります。

 

それは、社内分断ですね。

 

従来は会社全体の業績がベースアップの原資になるので、チームワークが大切でした。

会社のためにプラスになる情報は社内で共有すれば、会社全体のパワーになります。

 

しかし、個人の能力主義になれば、同僚に手を差し伸べるコトにメリットが無くなります。

社内競争に負ければ自分の給料が下がるだけですから。

そうなると、有意義な情報は社内で共有されず、個人が占有します。

その社員だけが有利になりますが、全体としては不利になります。

結果として、会社の足を引っ張るコトになります。

すると、会社が本来稼げるはずの利益を逃すわけですね。

 

これ、何かを思い出しませんか?

そうです。

囚人のジレンマですよ。

自分のために良かれと思って採る行動が全体最適にならない。

 

個人の能力主義の導入は、会社のリスクは下げますが、最適化はしない。

ボクにはそう言う未来が見えます。