非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

チャージするタイプの電子マネーは滅んで欲しい

チャージ

 

 

電子マネーの普及には目を見張るモノがありますね。

政府も後押ししていますし。

 

でも、あいかわらず、マヌケな電子マネーサービスが後を絶たないのも事実。

 

7月から大手コンビニのセブンイレブンとファミリーマートが独自の電子マネー決済サービスを始めました。

 

www.itmedia.co.jp

 

 

www.itmedia.co.jp

 

 

7payとファミペイ。

両者ともに、実に不可解と言うか、本末転倒です。

 

いわゆるプリペイド型。

と言うか事前にチャージするタイプ。

 

例えば、あらかじめ、1000円をチャージすれば、1000円の範囲内で買い物ができます。

足りなくなれば、また事前にチャージしてから買い物します。

 

 

チャージの方法

 

 

チャージの方法には2種類あって、

 

  • クレジットカード
  • 現金

 

が選べるんですが、ボクに言わせれば、現金でのチャージなんて、マヌケそのモノ。

現金をいったん電子マネーに換えてから、その電子マネーで買い物。

ね、マヌケでしょ。

現金での買い物よりも手間が増えてます。

キャッシュレス推進なのに現金でわざわざチャージして、現金での買い物以上に手間がかかる。

最新のコンビニ電子マネーですら、このマヌケ仕様。

本質的なキャッシュレスは遠い先になりそうですね。

 

 

チャージ自体が害悪

 

 

さらに言えば、チャージをすると言う行為自体が害悪です。

 

例えば、1500円の買い物をクレジットカードで行う場合、クレジットカードで決済されるのは1500円。

スムーズかつムダがありません。

しかし、チャージ式電子マネーの場合は、事前に多めにチャージしておくコトがほとんどです。

1500円の買い物をするから1500円だけチャージをするよりも、とりあず5000円チャージしておいて、その中から使っていく人の方が多いでしょう。

そうすると、余りが発生します。

これ、1つの電子マネーだけなら良いんですが、複数の電子マネーを使い分ける場合に不利ですよね。

7payとファミペイとLINE PayとPayPayにそれぞれチャージすれば、4種類の電子マネーに余りが発生します。

実際の買い物に必要な金額だけを負担するのでは無く、チャージ金額が負担額になり、その結果、それぞれの電子マネーに余剰金が。

メルペイやOrigami PayやKyashや楽天ペイやSuicaや。

これらにチャージしていくと、もうグチャグチャ。

それぞれの電子マネーに少しずつ余りが貯まっている状態。

 

ボクは思うんですよ。

チャージ型の電子マネーは滅んでしまえ、と。

 

便利なのは、

 

  • 決済額がクレジットカードで決済される電子マネー
  • 決済額がデビットカードで決済される電子マネー

 

ですね。

つまり、事前にチャージしなくて良くて、しかもキャッシュレス。

それを体現しているのがApple PayやGoogle Playですね。

これらは店頭で使うと、その金額だけが決済されます。

あとはクレジットカードですね。

クレジットカードは昔からありますけど、究極の電子マネーですよ。

ただし、昔ながらのプラスチックのカードを持ち歩くのはセキュリティに問題があるので、Apple PayやGoogle Payを挟むわけです。

そうするコトで、カード自体の持ち歩きをする必要が無くなり、カード番号の流出リスクも無くなります。

決済は顔認証か指紋認証ですから。

 

iPhoneを日常的に使っているボクの買い物パターンは非常にラクですよ。

レジで、

 

「Apple Payで。」

 

と伝えてiPhoneをレジ端末にタッチする。

これだけです。

5秒で終わり。

事前のチャージも不要。

アプリを起動してQRコードを表示する作業も不要。

 

それと比べたら、上記に書いた各社の電子マネーなんて不便で不便で。

現金の代わりに別の手間が発生したり、場合によっては現金以上に手間が発生したり。

要は各社が出してきているシャッシュレスサービスなんて、本質的なキャッシュレスとはほど遠いのです。

メジャーなサービスで使いやすいのは、

 

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • クレジットカード
  • デビットカード

 

だけです。ただしクレジットカードやデビットカードはカード自体を持ち歩かないコト。

Apple PayやGoogle Payに登録した上で使うのが便利で安全です。

 

www.b-chan.jp