非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

消すコトしかできない写真加工アプリ

物体を消す

 

 

パソコンで写真を加工するアプリと言えば、Photoshop。

Photoshopはサブスクリプション方式のアプリで、安いプランで月に980円です。

 

Adobe Photoshopの購入 | 最高の写真、画像、デザイン編集ソフト

 

 

昔の買いきり制の頃と比べると手頃に使いやすくなりましたが、ずっと使うにはコストがかかりますね。

1年間で1万円ほどかかります。

 

ボクは今は、MacやiPadで、Affinity Photoと言うアプリを使っています。

 

Affinity Photo

Affinity Photo

  • Serif Labs
  • 写真
  • ¥6,100

 

 

かなり高機能かつ使いやすいアプリで、Photoshopの置き換えに使えます。

トータルの機能や使いやすさでPhotoshopに及びませんが、買い切りで6,100円と手頃なので、オススメしておきます。

 

 

今回は、複雑な写真加工では無く、写真内の物体を消す遊びをしてみましょう。

そのためには、PhotoshopやAffinityなどの多機能アプリよりも、専用アプリが向いています。

 

 

Super Eraser

 

 

そんなわけで、Mac用のこのアプリ。

 

写真の消去Super Eraser: Photo Edit

写真の消去Super Eraser: Photo Edit

  • XiuXia Yang
  • 写真
  • ¥860

 

 

写真内の特定の物体だけを消してくれるアプリです。

そして、その機能しかありません。

なので、使い方はとてもカンタン。

 

実際にやってみます。

こんな写真を用意しました。ボクが帰省した際に撮った写真です。

元画

 

 

左右に同じ写真が表示されています。

左側の写真の消したい物体、ここでは中央の自転車の人物を赤いマーカーで塗りつぶします。

マーカー

 

 

たったこれだけ。

右側が加工後の写真です。

消去

 

 

見事に、人物が消えていますよね。

写真の表示倍率も、マーカーペンの太さも自由に変更できます。

やり直し(アンドゥー)も可能。

 

仕事でポスターを作るときに、風景写真を撮ったんですが、電線がジャマだったんですよね。

そこで、このアプリを見つけました。

 

今の時代、もはや写真の信憑(しんぴょう)性は無くなってしまいましたが、こうやって面白く遊ぶコトができます。

みなさんもやってみてください。