非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Wi-Fiの通信速度が遅い場合

離れた部屋での通信速度

 

 

今日、Twitter上で、やり取りがあったので、備忘録的に書いておきます。

 

自宅の2階の部屋で、Wi-Fiの通信速度が遅いと言う書き込みがありました。

ボクは、それを見て、

 

離れた部屋なので電波が届きにくい、

 

と考えました。

となると、必要なのは中継器(リピーター)です。

なので、昔のこの記事を紹介しました。

 

www.b-chan.jp

 

 

元が遅い

 

 

ところがその後、1階のWi-Fiルーターのそばでも遅いと言うコトがわかりました。

そうなると、Wi-Fiルーターの性能が原因かも知れません。

そこでWi-Fiルーターの機種を訊ねると、7年近く前の機種でした。

そりゃ、遅い。

 

でも、さらに考えました。

もしかしたら、Wi-Fiルーターをつないでいる元のインターネット回線が遅いのかも知れない。

光ファイバーなら早いけれど、古いADSLなら遅い可能性がある。

そう思って、Wi-Fiでは無いLANケーブル直結での速度を訊ねました。

すると、300Mbpsをはるかに上回る速度が出ていました。

はっきり言って、めちゃくちゃ速いです。

と言うわけで、遅い原因はほぼ確実に、Wi-Fiルーターの性能であるコトがわかりました。

古い機種なので、2.4GHz専用で、5GHzモードがありません。

 

ここまで、単純な話ですが、通信速度が遅い原因として、3つが登場しました。

 

  • 部屋が離れているから遅い
  • Wi-Fiルーターの性能が古くて遅い
  • インターネットの速度が遅い

 

それぞれによって、対処法は異なります。

なので、細かく状況を訊ねて確認したのは正解でした。

もし、最初の段階で決めつけてリピーターを買っても解決しなかったわけですから。

 

ちなみに、この過程で知ったんですが、Google検索で、

 

スピードテスト

 

と入力すると、Google公式のスピードテストが行えるんですね。

ちなみにボクの自宅は有線でも100Mbps前後でした。

まあ、これでも十分ですけどね。

 

なお、最新のWi-Fiルーターを買うなら、11ac規格が良いと思います。

11axと言う新しい高速規格もありますが、まだ高額です。

11acなら、ほとんどのiPhoneも対応していますし、ルーターもそこそこ安いです。