非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

原付バイクに追突された時の話

停車中

 

 

昔話です。

ボクが、4WD車を持っていた頃の話。

ボクはスノーボードが趣味で、その冬も、毎週のようにゲレンデに行っていました。

ボクは当時は兵庫県尼崎市に住んでいて、行き先はだいたい岐阜県でした。

その時も確か、行き先は岐阜県のゲレンデ。

帰り道でした。

岐阜を出て高速道路で関西に向かい、途中で一般道に降りて、大阪府吹田市あたりを走っていました。

朝の6時頃だったと思います。

同乗していた友人を自宅に送り届ける途中でした。

 

信号待ちで停車していると、いきなり、

 

ドーン!

 

と言う音と振動が伝わってきました。

明らかに追突された衝撃でした。

と言っても、大事故では無く、恐らくクルマが凹んだ程度の追突。

とりあえずボクは落ち着いて、信号が青になって、前方に少し進んで左端に寄せました。

後ろのクルマも左に寄せて停車すると思ったからです。

 

 

逃げられた

 

 

ボクは自分のクルマを停めて、降りました。

後ろのクルマを見ようと後方に行くと、誰もいません。

 

朝の6時。

まだ、クルマもほとんど走っていない時間帯。やや薄暗がり。

見事に、ボクのクルマ以外、見当たりません。

 

やられたと思いました。完全に逃げられました。

しかし、後ろからクルマに追突されて逃げられるとすれば、ボクの横をすり抜けたはず。

でも、そんな気配はありませんでした。

で、自分のクルマの後方を見ると、何やら破片が散らばっています。

それらを集めてわかったんですが、原付バイクのモノでした。

 

そうです。

ボクのクルマに追突したのは、原付バイクで、そのバイクはプラスチックの部品を散乱させ、そのまま逃げ去ったのです。

原付バイクなら、カンタンに転回して逃げられますから。

 

ボクのクルマは左後方部分が凹んでいました。

ちょうど原付バイクの先端くらいの高さです。

 

仕方が無いので、ボクは、道路に落ちている原付バイクの破片をすべて集めました。

そして、それを持って、近所の交番へ。

一通り事情聴取を受けて警官に尋ねました。

犯人を調べてもらえますか?

しかし、警官の回答は、不可とのコト。

自動車と違って原付バイクの破片だけでは、所有者を探し出すのは不可能だそうです。

ボクはできるのは、周辺の修理工場を探るコト。

あれだけ破片が散らばると言うコトは、バイクの方は、ほぼ前面部分は使えない状態であるはずなので、間違いなく修理工場に持ち込まれると思ったからです。

でも、正直言って、ボクがそこまでやる気力はありませんでした。

で、あきらめました。

泣き寝入りですね。

 

車両保険に入っていたので、保険で修理できるんですが、免責額もあり、ある程度の費用はかかります。

なので、ボクは結局、その凹みを修理せずに乗り続けました。

 

そのクルマにはトータルで10年間乗りました。

関西から東京へ引っ越す際も、自分のそのクルマで荷物を運びました。

それがそのクルマの最後の活躍でした。

東京に着いてから、個人の買取人に連絡して買い取ってもらいました。

10年落ちの傷だらけのクルマなので、通常なら査定額はゼロなんですが、結果として10万円で売れました。

東南アジアに輸出するので、傷や凹みは問題にならないとの話でした。

 

そんなわけで、今回は、原付バイクに追突され逃げられた話を書きました。

もし、査定がゼロの場合、東南アジアに輸出する業者を探ってみるのが良いかも知れません。