非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

抗菌製品とウイルスって関係無いよね?

菌とウイルス

 

 

今回の文章は疑問文です。

肯定でも否定でも文句でも無く疑問です。

 

まず、世間でよく誤解されているのが細菌とウイルス。

これらはまったく別物です。

細菌はあくまでも目に見えないくらい小さな生物。

細菌とは別に真菌(カビ)のように、ある程度の大きさになれば目に見えるモノもありますが。

いずれにせよ菌は生物ですね。

生物なので、殺菌が可能です。

 

一方、ウイルスは細菌よりもずっとずっと小さな物質で細胞も持たないので厳密には生物とも言えません。

解釈によっては半生物と言われるコトもあるようですが、とにかくウイルスは自分では行きられない物体です。

必ず他の生物の細胞に付着して増殖するのです。

なので、宿主がいなくなればウイルスも増殖できません。

 

生物のようで生物では無い。

 

なので、ウイルスを殺す、と言う概念がそもそも無いと言えちゃうんですよね。

生物では無い、つまり、生きてはいないので、死と言う概念も無い。

やっかいですよね。

 

インフルエンザなどのワクチンも、あれは、ワクチンがインフルエンザウイルスを退治するわけでは無く、ワクチンを打つコトで体内に抗体を作ってウイルスの増殖を防ぐわけです。

要はワクチン自体がウイルス的な性質を持っていて、それを体内に入れるコトで、体に準備させるわけですね。

ワクチンと言う予行演習を行うコトで、ウイルスと言う本番に耐えられる体にするんです。

 

まあ、ここまでも多くの人が知っているであろう知識。

 

 

抗菌製品

 

 

こんな製品があります。

 

prtimes.jp

 

 

この製品を例として出しただけで、世の中には大量の、除菌、抗菌、殺菌製品があります。

どれもこれも、菌が対象なんですよね。

つまり、ウイルスは関係無いわけです。

 

しかし、新型コロナウイルスが流行したコトで、こう言う製品に敏感になっている人も多いでしょう。

 

そもそも、さっきも書いたように、菌は殺すコトができます。

でも、ウイルスは生物では無いので、その増殖を防ぐ、いわゆる抗ウイルス製品は開発が難しいそうです。

繰り返しになりますが、ワクチンも、ワクチン自体がウイルスを退治するわけではありません。

だから、抗菌製品の売り文句として、ウイルスを混ぜ込むのは、表現として正しいのかな、と。

 

冒頭に書いたとおり、これは、製品への文句ではありません。

単にウイルスへの関連性に関しての疑問です。

 

抗菌製品を使うコトで、ウイルス対策になるのでしょうか。

詳しい人、教えてください。