非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

非難すべき対象

マーケティング

 

 

西野カナと言うシンガーソングライターの発言が話題になっています。

 

myjitsu.jp

 

西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

 

 

要は、マーケティングをして詞をを書いている、と。

それに対して、否定的な意見もあると言う話です。

 

 

非難

 

 

ボクの個人的な意見ですが、堂々と書きますよ。

ネット社会って、炎上がよく起こります。

ボクは、炎上が起こった場合、必ずしも炎上した人が間違っているとは思っていません。

むしろ、非難している大勢の人たちの方が間違っているケースもよくあります。

 

www.b-chan.jp

 

大衆と言うのは、えてして、マインドコントロールされる傾向にあるので、今回の件も、それに類するのかな、と。

 

ボクは、西野カナと言う人をよく知らない(名前くらいは知っている)ので、この人自身の人格は抜きにして話しますね。

 

そもそも論ですが、非難って、何のためにするんでしょうか。

 

例えば、ボクが誰かを非難するとすれば、罪の無い小さな子を虐待する大人です。

これは言うまでもありませんよね。

罪の無い子が被害を受けているからです。

 

誰かが害を受けるような、誰かが理不尽に苦しむような、そんな行いは非難します。

 

でも、今回の西野カナの件は、どうでしょうか。

多くの人をリサーチして、多くの人が共感するような詞を書く。

それによって曲が売れる。

結果として、

 

  • 多くの人が共感して喜ぶ。
  • 歌手本人は曲が売れて喜ぶ。

 

誰も害を受けていません。

買い手も売り手もハッピー。

これをなぜ非難するんでしょうか。

ここがいかにも大衆的。

このように曲を作って曲が売れて歌手が稼ぐ。

他人が大金を得ると現れる「ひがみ、嫉妬」ですよね。

誰も不幸になっていないのに、自分が気にくわないから非難する。

 

悲しくないですか?

 

誰も不幸になっていなくても、他人が幸せになるコトをひがむ。

そんな時間って人生のムダ使いだと思いますよ。

多くの人を幸せにして自分も幸せになっている人を非難している「ヒマ」があるのなら、不幸な人たちを救うようなコトに思考時間を使った方が、よっぽど人間として有意義だと思いますよ。

 

ボクは、今回の話を聞いて、西野さん、曲が売れておめでとう!くらいにしか感じませんでした。