非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

障害者でも障がい者でも本質的にはどっちでも良い

障害者

 

 

最近、障害者を「障がい者」と表現しよう、などと言う意見があります。

害と言う漢字がマイナスイメージだからでしょうか。

それを言ってしまうと、障と言う漢字もマイナスイメージなんですけどね。

障がい者でも障害者でもどちらでも良いんですが、ボクはそもそも、障害者と言う特別扱いそのものに疑問を持つ人間です。

 

 

全員が障害者

 

 

人間の身体は数兆個もの細胞で構成されています。

そのすべての細胞が健全である人なんて、この世に存在しません。

すべての人が、どこかに何らかの障害を持っています。

なので、全員が障害者です。

ボクもです。

たまたま、それが、人間の目に見えるほどの規模かどうかの違いなのです。

 

例えば、法律上の障害者の定義もあります。

国によって障害者認定されている人は、さまざまな補助が受けられます。

 

一方で、ボクは昔、腕相撲によって、右腕を激しく骨折しました。

2度の全身麻酔手術を乗り越えて、リハビリも長く行って、ようやく日常生活が行えるようになりましたが、15年経過しても、右腕の上腕骨は痛みますし、可動範囲も狭いままです。

右腕で背中をかくことはできません。

後遺症ですね。

ただし、ボクは国には何の申請もしていないので、特段、何らかの障害認定も補助も受けていません。

 

生まれつき、障害を持って生まれてくる人。

人生の途中で障害者と呼ばれる状態になる人。

そして、目に見えないレベルまで含めれば、すべての人が細胞レベルで障害を持っているコト。

 

www.mag2.com

 

 

障害者は生きる価値が無いと言って事件を起こす人がいますが、それを言ってしまうと、すべての人は障害者なので、生きる価値が無くなってしまうんです。

 

ボクの中には、障害者基準、と言う考えがあります。

世の中のすべての人が何らかのレベルで障害者であるから、むしろ、それが普通であり、健常者と呼ばれる状態こそが異常。

そんな考え方です。

 

障害者がハンディキャップを持って生まれてきたのでは無く、それが普通のコトであり、健常者の方が「健常」と言う状態を与えられて生まれて来た、と。

 

つまり、健常者は最初からトクをしているわけです。

 

この広い世界で、なるべく平等に暮らそうとするならば、無条件に何かを与えられるコトは避ける必要があります。

Aさん、Bさん、Cさんの3人が生まれて来て、その中でAさんだけが生まれたときから大金を与えられるなら、それは不公平ですよね。

結果の不平等は構わないと思うんですが、スタート地点の不平等は避けるべきです。

なので、Aさんだけに大金が与えられるのはおかしくて、Aさん、Bさん、Cさんの3人で平等におカネを分け合って人生をスタートするべきです。

そして、努力の結果、大金持ちになったり、貧乏になったりするのは構わないのかな、と。

 

それは、おカネに限らず、健康、健常もそうなんですよね。

健常者として生まれてくるのは、その時点ですでに、健常を与えてもらっているわけです。

だから、健常者はその分、社会福祉に精を出したり寄付したりするのが大切なんです。

 

趣味を持たず、ただ、日々が過ぎ去るだけの人。

ぜひ、福祉を趣味にしてみてください。

たぶん、それだけで人生が充実すると思いますよ。