非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

交通事故の発生を哲学的に考えてしまう

交通事故件数

 

 

去年1年間の日本の交通事故発生件数が約38万件です。

負傷者数は約46万人です。

 

www.npa.go.jp

 

 

日本の人口が1億2500万人くらいだとすると、1年間に交通事故で負傷する確率は、0.368%ですね。

ざっくり単純計算しますが、10年間だと3.68%。

80年間だと約30%ですね。

 

てコトは、ざっくり言えば、3割の人が一生の間に一度は交通事故で負傷するわけです。

わりと確率が高いですよね。

 

負傷とひとくくりにしていますが、もちろん、一生寝たきりの人もいますし車イス生活になった人もいます。

1回遭遇するだけで人生に大ダメージを受ける可能性があるわけです。

 

 

人は完璧では無い

 

 

交通事故はゼロであるコトに超したコトはありません。

しかし、自動車を運転するのは人間です。

人間は神様とは違って、完璧な生き物ではありません。

一生の間に、必ず何度かミスをします。

ミスをしない人は一人もいません。

また、何をミスするかは本人の意思では選べません。

選べないからこそミスです。

何も悪気が無くても、予想もしていないコトでミスをする可能性があるのです。

 

  • 人間はミスする生き物である。
  • 人間が自動車を運転する。
  • だから、人間は自動車運転でミスする。

 

この三段論法が成り立ちますし、わざわざ三段論法にしなくても、わかりきっているコトです。

と言うコトは、少なくとも現時点では、必ず交通事故が発生するコトがわかりきっていながら、自動車運転が容認されていると言うコトになるわけです。

人間がミスをしない生き物では無い限り、人間に向かって交通事故防止を呼びかけても、何ら意味が無いと言うロジックになります。

無事故を意識してもしなくても、運転中のミスは絶対にゼロにはならないわけですから。

 

毎年、着実に数十万件の交通事故が発生しているのを見て、ボクは、何かモヤモヤしたモノを感じざるを得ないのです。

 

www.b-chan.jp