非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

メッセージングアプリの置き換えはそもそも困難

iOS 14

 

 

iPhoneでは、iOS 14から、デフォルトのメールアプリやウェブブラウザの置き換えが可能になりました。

従来は、標準のメールアプリや、ウェブブラウザであるSafariを使うしか無かったんですが、iOS 14では、SparkやChromeなど他社製のアプリをデフォルトアプリに設定できます。

 

Spark - メール

Spark - メール

  • Readdle Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

Google Chrome - ウェブブラウザ

Google Chrome - ウェブブラウザ

  • Google LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

そんな中、Facebook社は、メッセージングアプリの置き換えも可能にするよう主張しているそうです。 

 

iphone-mania.jp

 

 

メッセージングアプリの事情

 

 

ボクは、これを聞いたときに、あれ?と思いました。

そもそも無理だからです。

それは技術的に不可能と言う意味ではありません。

 

メールやウェブサイトはオープンに開放されたデータです。

例えば、Gmailアプリで送信したメールをSparkで受信するコトができます。

メールは特定の企業による独占的なサービスでは無いからです。

ウェブサイトも同じですね。

ウェブサイトを構築するHTML言語は標準化されています。

だから、どのウェブブラウザでも閲覧するコトができるのです。

 

一方、メッセージングアプリは、企業ごとの独自サービスです。

 

www.b-chan.jp

 

 

例えば、Facebook MessengerからLINEユーザー宛に送信するコトはできませんよね。

各社、互換性が無いのです。

だから、そもそも置き換えしても意味が無いんですよね。

技術的に置き換えが難しいのでは無く、置き換えると使えなくなってしまうと言う意味です。

 

ちなみに、iPhoneの純正のメッセージアプリは、Apple独自のiMessage機能を持っていて、これについては他社と互換性がありませんが、同時に、SMSの送受信機能も持っています。

SMSについてはオープンな規格なので、例えば、異なる機種同士での送受信ができるわけです。

 

と言うわけで、Facebook社の主張は、意味が無いと思うんですよね。

まあ、Facebook MessengerにSMS送受信機能が搭載されれば別ですが。