非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

現代社会はほぼパクリ

パクリ

 

 

こんにちは。

中国でありがちなニュースが、また登場。

 

www.fnn.jp

 

 

丼の底の文までパクリで笑ってしまいそうです。

 

しかし、一方で、ボクがずーっと思い続けている考えが頭をよぎるのです。

 

世の中って、ほぼすべて、パクリでできている。

 

 

ゼロから生み出す

 

 

上記の記事では、ラーメン屋さんの意匠に関することでした。

しかし、もっと話を広げれば、

 

最初にラーメンを発明した人以外は全員パクリ!

 

ってことです。

ラーメンに限らず何でもそうなんですよね。

最初に自動車を発明した人。

最初に飛行機を発明した人。

最初にギターを発明した人。

最初に冷蔵庫を発明した人。

 

自動車って、よく考えると、どれもソックリですよね。

ボディの四隅にタイヤがあって、前方にボンネットがあって、左右どちらかに運転手が乗って、ハンドルをクルクル回してペダルを踏む。

 

他にも色々ありますよ。

ノートパソコンは、板状で、フタを開いたら上が画面、下がキーボード。

どれもソックリ。

 

スマートフォンもどれもソックリ。

家もどれもソックリ。

 

ラーメン屋さんの意匠をパクるのは良く無いけれど、ラーメンと言う食べ物をパクるのは問題無い。

それが社会です。

不思議でしょ?

 

人類の歴史って、知識と経験の蓄積ですよね。

時代が進めば進むほど、モノの数は増えていきます。

後に生まれた人ほど、すでに多くのモノが存在しているため、新たなモノを生み出すことが難しくなる、とも言えるわけです。

西暦1700年代に自動車を発明したら、それはもう大発明ですが、西暦2018年にまったく同じモノを独自に発明したとしても、何ら評価されませんし、パクリと言われます。

モノの少ない時代は、何かを生み出せば、それが新規である可能性が高かったわけです。

しかし、モノがあふれかえる現在、何かをゼロから生み出すことは、とても難しくなりました。

 

AppleがiPhoneを生み出したときに、革新的だと言われたのは、それまでにiPhoneが無かったからです。

しかし今はもうiPhoneが存在するので、いま、まったく同じiPhoneを生み出しても賞賛されません。

まったく同じモノを2007年に生み出せば賞賛され、2018年に生み出せば賞賛されない。

後に生まれた人ほど困難論、です。

 

現代社会に存在するモノは、ほとんどがパクリです。

すでに存在するモノを、高性能化させたり、高機能化させたり。

ホントにゼロから新規で生み出されるモノはめったにありません。

 

今年なら、メルカリが話題ですが、メルカリも、本質は昔からあるフリマ。

それを便利に進化させたモノです。

新発明では無く、既存のモノの高性能化なんですね。

でも、それは誰もパクリと言いませんし、ボクも言うつもりもありません。

 

ただ思うのは、何がパクリで何がパクリでは無いのか。

今の世の中、ホントはほとんどがパクリなのに、なぜ特定の事象だけがパクリと言われるのか。

 

今回は、そんな問題提起をしてみました。

あなたは、どう思いますか?