非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

2=ルート2となる変な理論

円周率=4の証明が話題

 

 

こんにちは。

円周率が4である証明が話題になりました。

 

originalnews.nico

 

 

難しいコトは書いていなくて、たぶん、高卒くらいの人なら、たいていは理解できそうな理論ですね。

逆に、この理論のおかしさを証明するのは、かなり難しそうです。

つまり、ほとんどの人にとって、この理論は正しいと言わざるを得ない状況に追い込まれます。

 

さて、この理論を見ていて、ボクは、さらに別の理論が成立することに気付きました。

 

 

直角二等辺三角形の2辺と斜辺

 

 

上記のページにある直角二等辺三角形を見てください。

そして、A、B、Oを頂点とする二等辺三角形を作ってください。

 

上記のページの場合は、AOの長さとOBの長さの合計が円弧ABの長さと一致すると言う話でした。

 

まったく同じ考え方が、直角二等辺三角形ABOにも当てはまりますよね。

nを無限に増やせば、AOの長さとOBの長さが、斜辺ABに一致します。

直角二等辺三角形の斜辺の長さは、直角を挟む辺の長さのルート2倍です。

この図で言えば、

 

AO=2

OB=2

AB=2×ルート2

 

ですよね。

つまり、

 

2+2=2×ルート2

1+1=ルート2

2=ルート2

 

ほら。

 

そうなると、Aを出発してBに行く人が、一直線にBに向かっても、Oを経由してBに向かっても、移動距離は同じってコトですね。

もちろんそれは、さっきの円弧を経由しても同じです。

要は、この四角形ACBOの内側なら、後戻りしない限り、どこを通っても距離は同じと言うコトになってしまうんですよね。

 

明らかに間違い。

ルート2は、約1.41421356ですから。

 

なので、間違いを証明する必要があるんですが、やっぱり難しい〜。