非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

震災論

震災は特別では無い

 

 

24年前の今日、1月17日、ボクは兵庫県宝塚市で阪神大震災を経験しました。

ボクが生まれてから初めて経験する大地震でした。

被災者、と言う言葉も、日常会話の中で使い始めたのは、このときだと思います。

 

当然のように、神戸エリアでは、追悼の行事が行われます。

風化させないコト、地震で無くなった人を忘れないコト。

色んな思いがあると思います。

 

よく、震災や津波などの直後は、テレビのお笑い番組などが控えられたりします。

 

「大地震が起きたのに不謹慎だ!」

 

「津波が起きたのに不謹慎だ!」

 

なんて騒ぐ人たちがいるんですよね。

それに対して賛否両論。

 

災害の直後は不謹慎だから控えよう、と言う意見と、災害の直後こそ元気づけるために行おう、と言う意見。

 

うーん。

ボクはどちらにも同意しません。

 

人は、何らかの形で死にます。

事故、病気、殺人、災害、寿命。

 

震災で亡くなった人だけが気の毒、と言う考え方がよくわかりません。

日本では毎日、平均3000人ほど亡くなっています。

 

不謹慎だとか元気づけるだとか言うなら、毎日、3000人の追悼が必要なんですよ。

震災などの大きな事件・事故だけを特別扱いする理由なんて無いんです。

 

ここを読むと、犯罪で亡くなっている人の数が年間で700人前後。

 

平成29年版 犯罪白書 第6編/第1章/第2節

 

毎日、2人ほど命を奪われています。

不謹慎論や元気づけ論を言うなら、1年間ずっと、やるべきですよね。

 

病気

 

 

ボクは、癌(がん)関連のボランティアや団体に関係していました。

癌は病気の死因で言うまでも無く第1位。

圧倒的に癌で亡くなる人が多く、従って、癌を克服するコトは国民の大きな課題です。

 

しかし、癌で亡くなるコトと殺人で亡くなるコトと事故で亡くなるコトに悲しみの差異は無いはずです。

 

癌は人数が多いため、マーケットが大きく、イベントも多く、たくさんの癌仲間がいます。

一方、世の中には、珍しい難病を患う人もいます。

人数が少ないため、マーケットが小さく、治療の研究も進みにくく、マスコミの扱いも小さいのです。

なので、そんな患者さんは、癌患者さんと比べ、情報も仲間も治療法にも恵まれません。

そして報道もされません。

なので誰にも知られない苦しみもあります。

 

ボクは被災を経験したからこそ言います。

 

震災を特別扱いするのはやめませんか?

世の中には、マスコミが報じない原因で苦しんでいる人がたくさんいるんです。

 

大勢の人が被害に遭ったかどうかと、苦しみの大きさは関係ありません。

 

10の被害に遭った人が1万人存在する。

100の被害に遭った人が1人だけ存在する。

 

マスコミや世の中の多くの人は、前者に注目します。

でも、被害者にしてみれば、後者の方が10倍も苦しいんです。

 

だから、もうマスコミに踊らされるのはやめましょう。

震災も癌も、数ある苦しみの中の、単なるひとつです。

 

震災や癌よりもっともっと苦しんでいる人たちがいるコト。

それを知ってください。