非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

他人と比べるのはキライだ

首位打者

 

 

ボクが思うに、世の中で評価される人には2パターンあって、ひとつ目はプロ野球で言えば首位打者タイプ。

同じタイプには、

 

  • オリンピックの金メダリスト
  • 高校野球甲子園大会の優勝校
  • 食べログ全国1位の人気飲食店

 

などがあります。

 

 

トリプルスリー

 

 

ふたつ目は、プロ野球で言えばトリプルスリータイプ。

打率3割、30本塁打、30盗塁を達成した選手。

同じタイプには、

 

  • 陸上100メートル走で10秒を切る選手
  • 毎年、TOEICテストで満点を獲る人
  • 食べログで5点満点中4.5点以上を獲る店

 

食べログがさっきに続いて今回も登場しましたね。

 

あなたは、ひとつ目とふたつ目の違い、わかりますか?

なぞなぞ、とんちではありませんよ。

 

答えを言います。

実は、極端な言い方をすれば、ひとつ目の方は実現が非常に容易なのです。

と言うよりも、100%確実に実現します。

例えば、オリンピックの金メダリストって、オリンピックを開催すれば、必ず誕生しますよね。

高校野球の優勝校も同じ。

食べログ全国1位もそう。

 

必ず存在するのが、ひとつ目。

 

一方、ふたつ目は、必ず存在するとは限りません。

理由はカンタンで、絶対評価だからです。

100メートル走で10秒を切るのは容易ではありません。大会によっては一人もいないコトもあります。

 

ひとつ目は相対評価。他人との比較なので、必ず誰かが1位となります。

 

数学のテストを受けて100点満点で80点を獲ったとしましょう。

他の受験生が全員80点未満なら1位になれます。

他の受験生が全員80点を超えれば最下位になります。

同じ80点でも他人との比較で評価が変化します。

同じ能力なのに、他人の動向によって、順位が変わってしまうのです。

なので、ひとつ目のように、相対的に順位を決めるような評価方法では、その人の能力はわかりません。

 

検索エンジンで順位の上げ方を教えます、と言う仕事がありますが、あれって、よく考えたら、変なんですよね。

なぜなら、順位の上下を変動させるのが目的だから。

例えば、世の中の全ての人が、そこで学んだとしても、必ず誰かが1位になり、必ず誰かが最下位になります。

検索エンジンで順位を上げます!なんてのは不可能なのです。

矛と盾の話ですよね。

 

ボクも、このブログでSEOについて、たくさんの記事を書きましたが、それを読んで実践した人の中で、必ず差が生まれます。同順位にはならないのです。

 

そんなわけで、ボクは、誰かのスキルを見る際には、他人との比較は好みません。

毎年必ず誰かがなれる首位打者よりも、トリプルスリーのほうが、はるかにスゴいと思うのです。