非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

銭湯が入れ墨の人をお断りするのは矛盾している理由

外面で判断

 

 

昔から、入れ墨の人を断る銭湯はたくさんあります。

理由はカンタンで、日本では入れ墨の文化が浸透していなくて、入れ墨の人は多くが暴力団の人だったからです。

 

入れ墨の人の多くが暴力団の人。

 

だから、入れ墨の人はお断り。

 

つまり、外面による確率論。

 

これ、よく考えたら、何とも変なんですよね。

 

 

刑法犯の大半は男性

 

 

統計上、刑法犯の大半は男性です。

てことは、こう言う理論が成立します。

 

この銭湯は男性お断り。

 

でしょ?

 

入れ墨の人の多くが暴力団の人だから、銭湯は入れ墨の人をお断り。

刑法犯の多くが男性だから、銭湯は男性をお断り。

 

でも、前者はあっても、後者は聞いたことがありません。

なぜ?

そりゃ、おかしいからですよね。

後者がおかしいってことは、必然的に前者もおかしいってことです。

 

だから、銭湯が入れ墨の人を断るのは即刻やめるべき。

とボクは思います。

 

考えてみてくださいよ。

 

入れ墨をしている一般人は銭湯に入れない。

入れ墨をしていない暴力団員は銭湯に入れる。

 

これ、意味ありますか?

 

人を外面で判断するってコトは、判断する側も判断される側もハッピーにならないわけです。

 

人はやっぱり外面、的な本が流行ったりしましたが、ボクは、人はやっぱり内面、だと思います。

まあ、何を信じるかは自由なので、それで幸せなら、どうぞご自由に。