非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

現代の野球では三冠王は出ないと言う謎理論

絶対評価と相対評価

 

 

ボクがこのブログでよく書くのが、

 

  • 絶対評価
  • 相対評価

 

の違いですね。

この2つを混同する人が非常に多い。

 

100点満点のテストで95点を獲るコトは絶対評価です。

これだけを見れば、非常に優秀な点数だと感じられるかも知れません。

では、ある学校の30人のクラスでテストを行い、平均点が97点だとしたらどうでしょうか。

95点を獲った生徒は、30人の中で最下位。

絶対評価での95点は優秀であるかのように感じられましたが、相対評価も加味すると最下位。

 

要は、絶対評価だけ、あるいは相対評価だけ、を採用するコトは、評価を誤る原因である、とボクは言いたいわけです。

 

 

三冠王

 

 

誰かが言ってたんですよ。

 

昔と違って現代のプロ野球では、バッターの三冠王は出ないよ。

 

と。

ボクは、聞いた瞬間に、

 

あれ?

 

と思いました。

昔のプロ野球と現代のプロ野球は質が違うのはよくわかります。

でも、それが影響を与えるのは、絶対評価ですよね。

例えば、現代のプロ野球では、ピッチャーが400勝をあげたり、バッターが800本もホームランを打つのは、おそらく難しいでしょう。

それは絶対評価での数値です。

 

でも、三冠王って、相対評価なんですよ。

三冠王とは、

 

  • 打率1位
  • 打点1位
  • ホームラン数1位

 

と、ご覧のとおり、すべて数値での定義では無く、他人との比較なんですよ。

つまり、毎年必ず、打率1位の選手、打点1位の選手、ホームラン数1位の選手が現れます。

そりゃそうですね。相対評価ですから。

だから、三冠王も出る可能性はあるわけです。

3つとも1位になれば三冠王なので。

時代は関係ありません。

 

この話、世の中ではわりとよく見られるんですよ。

相対評価の話をしているのに絶対評価で反論する人。

あるいはその逆。

ロジカルシンキングは世の中に浸透しにくいテーマのひとつですが、きちんと理解しないと、話を根本的に間違えてしまいます。

 

「相関」に関しても、間違えている人が非常に多いので、良ければ、過去の記事を読んでみてください。

 

www.b-chan.jp