非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのマヌケな仕様

キーボード

 

 

ボクは、iPhoneの操作性を気に入って使っています。

操作性と言うのは、機能とは別の話で、感覚的なモノですね。

スクロールで端まで行ったらバウンドするのは、おそらくApple製品だけだと思うんですよね、特許の関係で。

スペックに現れない操作性の部分で、マニアックな快適さを追求しているのがApple製品の特徴のひとつだと思うんですよ。

 

と言っても、もちろん完璧では無くて、ボクは、iPhoneのキーボードには不満があります。

 

 

全画面キーボード

 

 

最近のiPhoneは画面が大きいので、左右の幅いっぱいに表示されたキーボードでは、指が届きません。

なので、左右のどちらかに寄せる設定があります。

キーボード

 

 

基本的には、それでOKなんですが、なぜか統一されていない部分があるんです。

それが、ロック画面。

 

ロック画面のキーボードはなぜか巨大なんですよね。

ロック画面

 

 

当然、こんな巨大なキーボードだと、手が小さい人は指が届きません。

と言うか、そもそも、上にも書いたように、キーボードに工夫がされているはずなのに、ロック画面のパスコード入力用キーボードや、電話発信時のキーパッドは、なぜか巨大。

思えば、計算機も巨大なキーボードですね。

Appleさん、ここだけちぐはぐだと思いませんか?