非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

モノを売って稼ぎたいならメルカリよりもヤフオク!がトクな理由

フリマ

 

 

昔、同じ内容の記事を書いたんですが、わかりにくかったので、書き直してみます。

 

メルカリのおかげで、フリーマーケットのネット化が進みました。

フリーマーケット自体は昔から存在していて、街の広場などで見たコトや買ったコトがある人も多いでしょう。

フリーマーケットと言う名前じゃなくても、自分の所有物を中古品として出品する機会はたくさんあります。

 

メルカリはそれをネットの世界で普及させました。

 

普通の個人が、自分の所有物を気軽に売るコトができる。

そして、ネット上なので、遠く離れた人とも取引きができます。

これがメルカリの功績。

 

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

  • Mercari, Inc.
  • ショッピング
  • 無料

 

 

オークション

 

 

しかし、私物を売ると言う文化は、ずっと前からありました。

そうです。オークションです。

日本では、ヤフオク!が圧倒的に有名ですね。

ボクも、これまで、ヤフオク!で300回以上も個人として私物を売却してきたベテランです。

メルカリが有名になった今でも、モノを売るときはヤフオク!を使います。

理由はカンタンで、

 

売るなら、メルカリよりもヤフオク!がトク

 

だからです。

別に、メルカリがキライでヤフオク!が好き、と言う感情論ではありません。

仕組みを考えれば明らかです。

 

例えば、手持ちのゲーム機を売りたいとしましょう。

売り出し価格は3,000円。

 

メルカリの場合は、購入希望者がいれば、3,000円で売れます。

最近は、フリマならではの値下げ交渉が少なくありませんので、2,900円で売ってくださいとか、2,500円で売ってください、と言う交渉になるかもしれません。

もちろん交渉に応じる必要はありません。

3,000円で売るか、2,500円で売るかは、売り手の意思次第です。

 

要は、メルカリなら、3,000円か、それ以下で売れるわけです。

 

一方のヤフオク!はオークション形式。

3,000円はあくまでも開始価格です。

価格は上がっていきます。

買いたい人がいれば、その中で一番高い価格で売れます。

3,100円で誰かが入札しても、他の人が手に入れたければ、3,500円になるかも知れません。

つまり、3,000円はあくまでも、売り手が売りたい最低価格であって、それを下回るコトはありません。逆に値が上がるコトはありますし、それがオークションの本質です。

全国の買い手の中から一番高値で買ってくれる人が選出される。

それがネットオークションの利便性です。

3,000円未満で売りたくなければ、3,000円で売り出せば良く、さらに価格が上がると言うオークション。

だから、売り手にとってはフリマよりもトクなんです。

フリマの場合は、売り出した価格を上回るコトがありません。

ホントは3,500円で買ってくれる人が存在するのに、売り手が3,000円で売り出してしまえば、3,000円でしか売れないのです。

それが、売り手にとってのフリマのデメリット。

 

ボクは、ネットでの販売歴が15年近いベテランですが、ヤフオク!の経験とメルカリの性質を研究して、やはり売るならヤフオク!の方がトクだと判断しました。

その理由をこうやって明確化したわけです。

 

逆に言えば、モノを買う側の立場なら、当然ですが、メルカリがトクです。

メルカリが良いのかヤフオク!が良いのか、では無く、立場による判断ですね。

売る場合はヤフオク!がトク、買う場合はメルカリがトク。

 

ちなみに、ヤフオク!もずっと進化し続けていて、今では、売り手も買い手も匿名のままカンタンに取引きができます。

非常にラクです。

もちろん、スマホアプリだけでカンタンに完結します。

 

ヤフオク!

ヤフオク!

  • Yahoo Japan Corp.
  • ショッピング
  • 無料

 

 

どうせ売るなら、1円でも多く稼げる方が良いじゃないですか。

だから、仕組み上、有利なヤフオク!です。

 

過去記事もご参考に。

 

www.b-chan.jp