非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

うさんくさい投資話の見分け方

投資話

 

 

こんにちは。

銀行、保険、ファンド、不動産と経験しているボクが気になった記事があります。

これ。

 

netallica.yahoo.co.jp

 

 

最大年利1万2000%をうたい文句に、4,000人から9億円を集めたそうです。

一人平均、225,000円を集めた計算ですね。

 

過去にも、うさんくさい投資話でダマされた人はたくさんいます。

にも関わらず、こんな年利の投資話に4,000人もダマされる人がいるのは、なぜでしょうか。

 

それは、当事者にとっては、うさんくさくないからです。

 

1万2000%とは、元本の120倍の儲けが出ると言うことです。

1万円投資して120万円儲かるってコトですね。

 

現実的に、数は少ないですが、不可能では無いんですよね。

例えば、不動産。

ある人が1,000万円で自分の土地を売りたがっているとします。

その人は素人なので、相場観はありません。

1,000万円のおカネを必要としているのです。

そこで、不動産業者に仲介を依頼しました。

仲介業者が調査すると、その土地は1,500万円の価値があることがわかりました。

そこで、売り主からの依頼を引き受けました。

と言っても仲介では無く、自ら買い取ると申し出たのです。

業者が1,000万円で買い、それを1,500万円で売却する。

これで500万円の儲けですね。

50%の儲けです。

 

しかし、実際は、土地を買う際に知恵を使うのです。

1,000万円で土地を買い取る資金を借り入れるのです。

1,000万円を借りて土地を1,000万円で買い、すぐに1,500万円で売る。

借金をしたので金利を払う必要があります。

借金の年利が18%だとします。

買った土地を1週間で売って借金を返せば、払う金利は56,250円。

つまり、56,250円の負担で500万円の儲けです。88倍近い儲けです。

例としては極端ですが、知恵を使えば、非常に高い倍率の儲けを作ることができる可能性があるわけです。

 

最近なら仮想通貨で億円単位の儲けを出した人も話題になりましたよね。

 

100倍程度の儲け話なら、現実的に起こり得るんですよね。

 

そもそも、宝くじなんて、300円が7億円になる可能性があり、2億%を超えています。それを見てうさんくさいと思わずに買う人が大勢います。

 

 

矛盾の考え方

 

 

では、うさんくさいのに、うさんくさくないと思ってしまうのを避けるにはどうすれば良いでしょうか。

その答えはわりとカンタンです。

それは、

 

自分でやれよ

 

です。

 

そもそも1万%も儲かるのであれば、ボクなら他人にわざわざ売りません。

自分で年利15%で借金して、自分でやりますよ。

要は、

 

借入金利 < 運用金利

 

ならば、借金してでもやった方がトクなわけです。

今回の事件も、話としてはおかしいわけです。

そんなに儲かるなら、わざわざ客集めなんて面倒なコトをしなくても、自分でやれば済むわけですから。

 

つまり、ものすごく儲かる話をわざわざ他人にオススメする時点で、自動的に、うさんくさいと言うことが決定です。

 

100万円以上を借りる場合の法定金利は15%。

それ以上で金貸しはできません。

 

てことは、15%より高い儲け話があるならば、他人にオススメしなくても自分でやれば儲かるわけです。

 

この考え方があれば、投資がうさんくさいかどうか、目安になります。

 

大原則ですが、この世は、

 

ハイリスクハイリターン

ローリスクローリターン

 

です。

だから、高利回りの安全な投資は存在しません。

 

もし、身内に投資を考えている人がいたら、教えてあげましょう。