非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

不動産の利回りと不動産投資の利回り

不動産の利回り

 

 

こんにちは。

ボクはサラリーマンなので、勤務先のルールってのがあって、週に1回、ブログを書く役割もあります。

ボクは、ここで毎日、ブログを書きつつ、勤務先でも書いているわけです。

不動産会社なので不動産関連のネタを多めにしているんですが、そのネタをここでも流用しようと思います。

 

不動産投資の話です。

不動産業界の人たちは、不動産投資に関して、

 

利回り

 

と言う言葉で物件を評価します。

 

例えば、わかりやすい例で書くと、

 

1億円で賃貸マンションを買って、1年間の家賃収入が1000万円で、1年間の費用が200万円かかったら、1年間の手取りは800万円なので、

 

800万円 ÷ 1億円 = 8%

 

です。

その物件の利回りは8%として評価され、それによって買うかどうかを検討するわけです。

1億円の預金を持っている人が、そのマンションを買って、800万円稼いで、1年後に1億円でマンションを売れば、1億円を投資して1年間で800万円稼げたわけです。

 

 

投資の利回り

 

 

さて、ボクが過去に在籍した不動産ファンドと言う業種。

これは、不動産投資とファイナンスをうまく組み合わせたモノです。

 

さっき、1億円持っている人が1年で800万円稼ぐ話を書きました。

不動産会社は、利回り8%として判断します。

 

しかし、不動産ファンド、と言うか、ファイナンスの概念を取り入れれば、もっと稼ぐコトができます。

 

話をわかりやすくするために、極端な例を書いてみます。

あなたが1億円を持っていれば、1億円投資して1年で800万円稼ぐコトができる話ですが、1億円を持っていない場合はどうすれば良いでしょうか。

 

答えはカンタンで、借り入れるのです。

 

例えば、あなたが100万円しか持っていないとします。

そこで、9900万円を借りて、その1億円のマンションを買います。

1年間で800万円を稼いで、1億円で売ります。

おカネを借りたら金利を払う必要があります。

金利が例えば2%なら、9900万円の2%なので、198万円払う必要があります。

800万円から198万円引いて、602万円残ります。

 

どうですか。

自分のおカネ100万円を投資して602万円も稼げました。

 

まったく同じ不動産物件なのに、利回りは8%から600%超になりました。

 

この例は極端ですが、ようは、不動産投資と言うのは、不動産そのモノのチカラとファイナンスのチカラを組み合わせて、その結果が投資利回りとなると言う話です。

 

実際には、不動産ファンドは、資産流動化法等の法律を駆使しながら、節税を図るので、さらに収益力は上がります。

 

もし来年、不動産業界に就職しようと思っている人は、不動産ファンドも選択肢にすると、ファイナンスも学べて一石二鳥ですよ。

 

ちなみに、今回書いた話は特別な話では無く、上場企業ならどこでもやっていると思ってください。もちろん上場企業以外でもやっているところもたくさんあります。

そう言うのを、資本戦略、と言います。

 

ちょっと面白いと思いませんか?

借金が多いからダメな会社だと思い込んでいる人は、そう言う意味においては、上場企業の経営者には向いていない、と言うお話しでした。

上場企業の大半は、大きな借り入れがあるんです。

興味がある人は企業が公開しているバランスシート(貸借対照表)を見てください。