非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ドローンの実物を見た感想

 

 

ヨドバシカメラでドローンの実演が行われていたのを、たまたま目にしました。

意外にも初めてだったんですよ、ドローンを見たの。

 

初めて見た感想は、

 

うるさいな!

 

でした。

とにかくプロペラの回転音が大音量。

ドローンって、こんなにうるさいんでしょうか?

他のドローンも同様なのかな?

 

かなり高性能なドローンで、カメラ搭載。

しかも、ドローンが揺れても映像は揺れないと言う、いわゆる手ぶれ補正のような機能が搭載されており、非常に見やすい画像です。

 

でも、うるさい。

映像だけで、音声は録音されないんですかね?

と言うか、音声を録音できるとしたら、ひたすら爆音が録音されるだけになってしまいそうです。

 

 

バッテリー

 

 

あと、バッテリーも気になりました。

手元のリモコンで操作するドローンで、最大、2kmまで離れても大丈夫とのことでした。

しかし、バッテリーの持続時間は20分ほど。

2km先まで飛んでいけば、2km戻って来る必要があるわけで、往復で4km。

1kmあたりのバッテリーは5分で、つまり5分以内に1kmを移動できるスピードが無ければ、途中で墜落です。

時速12kmですね。

10分かけて2km先まで飛ばしてしまったら、間髪入れずに2km呼び戻さないとアウトです。

なんだか、怖いと言うか、そこまで離れたところまで飛ばす勇気が出ないと言うか。

 

ドローンって、いずれは、宅配に使われるような話もあるようですが、爆音で短時間のバッテリー。

 

思えば、ヘリコプターって歴史は長いですが、いつまでも静音化しませんよね。

バッテリーも、長い間、技術革新が無いような。

スマホが普及して10年経った今でも、スマホのバッテリーって、せいぜい1日ほどで切れるじゃ無いですか。

 

コンピューターの性能が爆発的に進化しているのとは対照的です。

 

騒音とバッテリーの技術のブレイクスルーが無い限り、これ以上の発達が難しそうかも。

そう思ったドローン見学でした。

機種名は忘れてしまいました。