非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

AirPods

完全ワイヤレスイヤフォン

 

 

ボクは新しいモノ好きなので、イヤフォンについても、かなり以前から、ワイヤレスイヤフォンを使っています。

Bluetoothのイヤフォンですね。

記事も何度も書いて来ました。

 

www.b-chan.jp

 

 

iPhone 7が登場した時、イヤフォンジャックが無くなりましたが、ボク的には、何の問題もありませんでした。

ケーブルや端子など、余計なモノは無いに超したコトはありません。

端子が無くなって防水性も上がるなら大歓迎。

ケーブルが無ければ断線の心配も無いですし、絡まったりしないので取り扱いもラクです。

 

ボクが今、使っているBluetoothイヤフォンは左右がケーブルでつながっています。

 

www.b-chan.jp

 

 

それ以前に使っていたのはケーブルが無かったんですが、片耳用だったんですよね。

片耳なので、当然、ケーブルは無いんですが、最大の欠点がありました。

それは紛失です。

 

 

AirPods

 

 

ボクの耳の形は、たぶんスタンダードでは無い気がするので、単に耳に差し込むだけだと、抜け落ちやすいんですよね。

で、片耳イヤフォンはいつも、耳に引っ掛けるフックがあるタイプを選んでいました。

なので、耳から落ちるコトはありませんでした。

問題は、耳から外している時です。

なにせ小さいので、すぐに紛失します。

ボクは、データのやり取りはSDカードやUSBメモリーカードは使わずにクラウドストレージを使うコトを推奨していますが、それも、紛失リスクを防ぐためです。

小さいモノはとにかく紛失しやすいんです。

実際、ボクは、片耳イヤフォンを何度も無くしました。

なので、今はあえて、両耳のBluetoothイヤフォンを使っているわけです。

 

そんな中で、完全な両耳ワイヤレスイヤフォンとして登場したAppleのAirPods。

ずっとバカ売れです。

 

ure.pia.co.jp

 

 

Apple製品はApple製品どうしで使う方が圧倒的に便利です。

AirPodsもAndroid機でも使えますが、iPhoneで使った方が圧倒的に便利です。

ボクがスマホはiPhone、パソコンはMacを使っている理由のひとつが、どちらもApple製品なので、AirDropと言う超便利機能をひんぱんに使うからです。

iPhoneを使っていても、パソコンがWindowsなら、AirDropが使えません。

 

そんなわけで、iPhoneユーザーのボクも、ワイヤレスイヤフォンとしてAirPodsを使いたいんです。

Apple製品どうしなので、ペアリングとか使い勝手が非常に良いからです。

 

でも、さっき書いたように紛失リスクがあります。

それと、AirPodsには、耳に引っ掛けるフックが無いので、ボクの場合は耳から抜け落ちやすいんです。

満員電車の中で耳から落ちって足下に転がってしまった時の恐ろしさを考えると、うかつに買えません。

 

AirPodsって充電時もいったんケースに入れると言うアイデアがすばらしいんですよね。

しかも他社の完全ワイヤレスイヤフォンと違って、左右のどちらかが親機でもう一方が子機と言う発想がありません。

どちらも対等です。なので、好きな方の片側だけの使用も可能です。

他社のイヤフォンだと、例えば右側が親機なら左だけを単体で使えないんですよね。

 

このように、いつもどおり、Apple製品って、スペック表に表れない使い勝手の良さがあるんです。

 

なので、耳から落ちるリスクさえ無ければ、ボクも買えるんですけどねえ。