非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの背面タップ機能

背面タップ

 

 

今回も、iOS 14の新機能のお話。

iPhoneのみで、iPadにはありません。

背面タップと言う機能です。

 

iPhoneって、日本ではスマートフォンユーザーのうちの半分くらいの人が使っているので、常に最先端機能を研究している人ばかりでは無いんですよね。

むしろ普通の人が多いのです。

なので、いきなり、背面タップと言われても、知らない人も多そうですよね。

 

新機能の背面タップとは、iPhoneの背面を2回もしくは3回タップするコトで実行できる機能です。

iPhoneの背面に新しいセンサーを内蔵したわけではなく、従来からある加速度センサーなどを活用したモノだと思われます。

 

 

背面タップ機能一覧

 

 

背面タップは、ダブルタップ(2回タップ)とトリプルタップ(3回タップ)のそれぞれに機能を割り当てるコトができます。

ボクは器用では無いので、ダブルタップにのみ、機能を割り当てるコトにしました。

 

「設定」アプリを起動し、「アクセシビリティ」から「タッチ」へと進むと、「背面タップ」と言う項目があります。

ボクは、その中の、ダブルタップに、スクリーンショットを割り当てました。

背面タップ選択

 

 

スクリーンショットは、電源ボタンと音量ボタンを同時押し(ホームボタンが無いiPhoneの場合)で実行できるんですが、2個のボタンを同時押しするのが面倒なんですよね。

ダブルタップなら、片手で実行できます。

 

ちなみに、背面タップに割り当てられる機能の一覧はこちら。

背面タップ機能

 

 

うーん、正直言って、割り当てたい機能が見当たらないですねえ。

うっかり背面タップしてしまって画面がロックされてしまうのも困りますし。

もし、この一覧の中に知らない機能がある人は、背面タップに割り当てて試してみるのも良いかも知れません。

 

と言うわけで、ボク的には、あまり役に立たない背面タップですが、片手でできるので、上記の一覧の中に欲しい機能がある人は、割り当ててみてください。