非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

新型コロナウイルス接触確認アプリをインストールした

新型コロナウイルス接触確認アプリ

 

 

今日、6月19日の15時頃から、新型コロナウイルス接触確認アプリがリリースされました。

 

iPhone版はこれですね。

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ

  • Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan
  • メディカル
  • 無料

apps.apple.com

 

 

Android版はこちら。

 

play.google.com

 

 

ボクもインストールしてみました。

 

世の中には、個人情報を抜き取られるのではないかと懐疑的な人がいますが、それはイメージ論です。

事実と異なるコトであっても、悪いイメージのために回避する。

もちろん、どう行動するかは個人の自由ですが、できれば、事実に基づいて行動した方が、結果として本人のタメになるコトが多いので、イメージに振り回されずに、仕組みをきちんと理解した方が良いと思います。

 

 

アプリの仕組み

 

 

このアプリを目的どおりに使うために、個人情報は必要ありません。

位置情報すら不要です。

 

仕組みは非常にカンタンで、このアプリをインストールして動作しているスマホを持った人同士が濃厚接触(およそ1メートル以内で15分間)した場合、その履歴がアプリに残ります。

もし、濃厚接触した相手が後日、陽性だと診断されたら、そのコトをアプリに登録します。

すると、こちらのアプリに通知が出る。

それだけです。

 

濃厚接触情報は、位置情報を利用するのでは無く、2台のスマホ間の通信によって成り立っています。

 

だから、第三者が個人情報を知る機会はありません。

大事なのは、陽性になった場合、きちんとアプリに登録するコト。

そして、できるだけ多くの人が、このアプリを使うコト。

この2点だけ。

いくら濃厚接触していても、このアプリが入っていなければ、接触履歴は残りませんし、陽性の登録をしなければ、通知も行きません。

 

IT系のアプリとしてはITの本質(人間がやるべき作業を減らす)を逸脱していると言えますが、そのおかげで個人情報に配慮できているわけです。

 

こう言うアプリは、運用してみないと、結果は見えにくいと思います。

人口のうち10%の人しか利用しなければ、ヒット率も10%しかありません。

自分が、どこかの陽性患者といつの間にか接触したと言うコトを知る機会が少なくなってしまうのです。

 

なので、積極的に参加してみるのが良いのかな。

 

ボクはそう思います。

得られるメリットに比べて、特に失うモノは無いと思いますよ。