非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MacとiOS機器のゆがみ

Apple Lightning USB-Cケーブル

 

 

ボクは今、iPhone XS Maxを使っています。

iPhoneの現時点での最新版ですね。

 

Qi規格に対応しているので、ケーブルを挿さなくても置くだけでの充電が可能です。

 

 

 

 

上記のセットが一番、良さそうです。

iPhoneでの最速、7.5Wにも対応していますし、そのために必要なQuick Chargeアダプタも付属していますし。

 

これをボクは買おうかどうか、迷っています。

iPhoneの箱に同梱されている充電アダプタは5Wなんですよね。

つまり、上記のセットは、iPhoneの純正アダプタでケーブルを使って充電するよりも高速充電できる理屈です。

 

 

MacのMagic Keyboard 2とMagic Trackpad 2

 

 

上記のセットでiPhoneをワイヤレス充電するようになれば、Lightningケーブルが1本減って、デスクの上がスッキリする、そんなふうに考えていました。

 

ところが現時点でのApple製品のラインナップには重大な問題があります。

 

ご存じの通り、この秋に発表されたiPad ProはLightning端子を捨て、USB Type-C端子に変えました。

これによって、新しいApple PencilもLightning端子を使わずに充電するタイプになりました。

 

Apple製品では、Macにおいて、いち早く従来のUSBを捨ててUSB Type-Cを取り入れています。

Appleは昔から、そう言うところがありますよね。

昔、フロッピーディスクが普通に使われている時代にフロッピーディスクドライブを排除したiMacを登場させました。そのiMacには、まだまだ一般的では無かったUSB端子を搭載しました。

当時は、賛否両論ありましたが、結局、世の中もそうなっていきました。

音楽をCDでは無くダウンロードする形で普及させたのもAppleですね。

MacBookにおいて、従来のUSB端子を捨て、USB Type-C端子だけを搭載しました。

これも、広がりつつあります。

iPhoneからイヤフォーン端子を廃止しましたが、その流れもできつつあります。

 

要は単にAppleが一足先にやってしまって、さんざん非難されながらも、結局、世の中もだんだんそうなっていくってパターンですね。

そう言えば、iPhoneが登場した時も、こんな携帯電話は売れるわけが無いと言う意見も多かったんですが、世界を変えるほどに売れたのはご存じの通り。

 

そんなAppleですが、今、ボクのデスクの上で、おかしなコトになっています。

 

去年買ったiMacに付属している、Magic Keyboard 2とMagic Trackpad 2は、どちらもワイヤレス。

なので、たまに充電が必要なんですが、何と、それに必要なケーブルがLightning端子なんですよ。

 

確かに、どちらも薄型の機器なので、従来のUSB端子は配置できませんが、USB Type-C端子なら可能なはずです。

ましてやiOS機器では無くMacです。

MacBookやMacBook Proなどで、すでにUSB Type-C端子は標準搭載。

なのに、iMacに付属のMagic Keyboard 2とMagic Trackpad 2は、なぜかLightning端子。

 

よって、iPhoneをワイヤレス充電するようになっても、引き続きLightningケーブルが必要なんですよね。

 

  • iMac、MacBook、MacBook Pro、Mac miniなどはUSB Type-C端子。
  • iPad ProはUSB Type-C端子に移行。
  • iPhone、iPadはLightning端子。
  • Magic Keyboard 2とMagic Trackpad 2もLightning端子。

 

完全に、ゆがみました。